このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Macworld Conference & Expo 2009レポート ― 第8回

MacBUインタビュー

Macのビジネスに効く、MSの「Entourage EWS」とは?

2009年01月14日 13時00分更新

文● 小口博朗 写真●林幸一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトには、Mac用ソフトを専門に開発している「Microsoft Macintosh Business Unit」(MacBU)という部署がある。そのMacBUがMacworld Expo 2008において2つの新ソフトを発表した。

Office for Mac 2008
Microsoft Entourageは写真の「Office for Mac 2008」に含まれている

 ひとつはメールソフト「Microsoft Entourage」でExchange Sever利用する際の利便性を高める「Microsoft Entourage for Exchange Web Services Beta」(Entourage EWS)。

 もうひとつは、SharePoint ServerやOffice Live SpaceのようなSharePointベースのサービスの利用を可能にする新しいアプリケーション「Microsoft Document Collaboration for Mac Companion Beta」だ。

 いずれも無料でのアップデートを予定しており、Entourage EMSが1月中、Document Collaborationは今年中を目処に公開する予定だ。早速、Macworld Expo 2008で開かれた説明会の詳細をお届けしよう。


課題はマイクロソフトが提供するオンラインサービスとの連携

ルフェーブルさん
アマンダ・ルフェーブルさん

 まずはシニアマーケティングマネージャーのアマンダ・ルフェーブル(Amanda Lefebvre)さんが、今回のアップデートの全体を説明した。

 「Office 2008 for Mac」の発表から1年が経過したが、セールスはほかのバージョンと比べて好調で、「あるリサーチ結果を見ると、米AmazonのホリデーシーズンにおけるMac用ソフトのセールスでもトップを獲得した」とのこと。米国では、全Macユーザーの4分の3がOffice 2008 for Macを使用しているというデータがあり、マイクロソフトはMacユーザーを重要な顧客として認識しているそうだ。

図
2009年は、マイクロソフトが最初のMac用プロダクトを開発してから25年の節目となる。現在の課題は、「Macユーザーにクロスプラットホームの互換性を与えること」だという

 「将来に向けて、マイクロソフトは『ソフトウェア+サービス』を重要視している。Mac BUでも、Macユーザーがマイクロソフト提供のサービスを利用できるようにすることに注力している」(ルフェーブルさん)

 そのための最初の製品が、冒頭に挙げたEntourage EWSと、Microsoft Document Collaboration for Mac Companion Betaだ。

 「これらの2製品は、Macユーザーに対してオンラインサービスとの連携を提供する試みのスタートであり、これらがすべてではない。今後もマイクロソフトが提供するさまざまなオンラインサービスを快適に利用できるよう開発を継続していく」(ルフェーブルさん)

 昨今、データの蓄積や処理はネットワークの先にある強力なサーバーが担当し、エンドユーザーには操作用のインターフェースだけを提供することをコンセプトとした「Saas」や「クラウド」といったキーワードがトレンドだ。Mac BUでも今回の2製品をきっかけにこの流れを強力に推し進めていくということだ。

 そして、マイクロソフトにはExchangeやSharePointといった、ビジネス分野でデファクトスタンダートとなっているインフラがすでにある。Macユーザーに向けてこのインフラを解放するのが彼らのミッションであり、そのためのツールがOffice for Macというわけだ。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中