このページの本文へ

フォーカス追尾やインターバル撮影もできる

ついに900万画素超!パナのHDビデオカメラ

2009年01月07日 16時04分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックが総画素数915万画素というフルハイビジョンビデオカメラ4機種を発表した。発売は2月5日。

HDC-HS300
SDカード+120GB HDD記録が可能な「HDC-HS300」

 305万画素のMOSセンサーを3つ搭載し、動画撮影時の有効画素数は621万画素、静止画撮影時は1060万画素となる。


撮影・再生機能の大幅強化

 撮影機能では、動いている被写体をフォーカスし続ける「追っかけフォーカス」機能を搭載。顔認識の場合は、顔の形状と肌色で認識しているため、被写体が横を向いてもフォーカスが外れないという。

 また、撮影シチュエーションに合わせて最適なモードに自動設定する「おまかせiA」が静止画撮影にも対応。顔認識や風景認識、接写認識などを自動で実施する。

 さらに、設定した記録間隔(1/10/30/60/120秒)ごとに1フレーム撮影する「インターバル撮影」にも対応。日の出/日の入りや花の咲く様子など、被写体の動きが遅く、何時間にも及ぶ撮影で有効な撮影手法だ。

 再生機能は、顔認識や追っかけフォーカスなど、安定している映像のみを抽出して再生する「ハイライト再生」機能を搭載。うっかりカメラを真下に向けてしまったようなシーンを省いてくれる。

HDC-TM300
内蔵メモリーを採用した「HDC-TM300」

 従来機はSDメモリーカード記録タイプとSDメモリーカード+HDD内蔵タイプのラインアップだったが、新たにSDメモリーカード+32GBの内蔵メモリータイプを追加。全4機種となっている。

HDC-TM300
SDカード記録タイプの「HDC-SD200」

 最大記録ビットレートは17Mbps(MPEG-4 AVC)で、32GBのSDメモリーカードに約4時間記録できる。

 主なラインアップとバッテリー駆動時間(SDメモリーカード使用時の連続撮影時間)、予想実売価格は以下のとおり。

機種名 記録メディア バッテリー駆動時間 予想実売価格
HDC-HS300 SDHCカード、120GB HDD 約1時間35分 16万円前後
HDC-HS200 SDHCカード、80GB HDD 約1時間40分 14万円前後
HDC-TM300 SDHCカード、32GB内蔵メモリー 約1時間40分 15万円前後
HDC-SD200 SDHCカード 約1時間45分 13万円前後

 なお、SD画質で記録できるSDメモリーカード+HDD記録タイプのビデオカメラ「SDR-H80」(予想実売価格7万円前後)も同時に発売される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART