このページの本文へ

プラットフォームも「Dragon」世代に進化

AMD、45nm世代の新CPU「Phenom II」を発表!

2009年01月08日 14時01分更新

文● 小西利明/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AMD Phenom II X4プロセッサ
45nmプロセスの新クアッドコアCPU「AMD Phenom II X4プロセッサ」

 米AMD社は8日、コード名「Deneb」で知られていた新しいデスクトップパソコン向けCPU「AMD Phenom II X4プロセッサ」を発表した。既存のPhenomシリーズのアーキテクチャーをベースに、高クロック化と低消費電力化を実現している。CPU単体、および搭載製品は本日から発売開始の予定。

 また同時に、Phenom IIを核としたプラットフォーム「Dragon」も発表された。CPU以外は既存のチップセット(AMD 790GX/FXシリーズ)とGPU(Radeon HD 4800シリーズ)で構成される。

Dragonプラットフォームの構成要素 Dragonプラットフォームの特徴
Phenom IIを中核とする「Dragon」プラットフォームの構成要素Dragonプラットフォームの特徴

 発表された製品ラインアップは下記の2製品。いずれも通常電力版で、45nm SOIプロセスで製造される。上位製品の「Phenom II X4 940 Black Edition」は、クロック倍率上限設定のないオーバークロック向けハイエンド製品である。標準のCPUクロックは3.0GHzとなり、65nm版Phenomの2.6GHzと比べて大きく向上している。

Phenom II X4シリーズ
クロック周波数 2次キャッシュ 3次キャッシュ TDP 価格(ドル、円)
Phenom II X4 940 Black Edition 3.0GHz 2MB (512KB×4) 6MB 125W 275ドル(約2万5850円)
Phenom II X4 920 2.8GHz 235ドル(約2万2090円)
Phenom II X4のダイ写真
Phenom II X4のダイ写真

 CPU内部のアーキテクチャー自体は、2008年11月に発表された45nmプロセス版のクアッドコアOpteronと同等で、対応ソケットやHyperTransportの数などが異なる。CPUのダイサイズは258mm2で、トランジスター数は約7億5800万個。

 CPUコア数は4個で、各コアごとに64+64KBの1次キャッシュと512KBの2次キャッシュを備える。さらに共有3次キャッシュを6MB内蔵する。対応CPUソケットは既存のSocket AM2+と、DDR3メモリーに対応可能なSocket AM3(いずれも940ピン)。しかし、AM3のマザーボードが現時点では販売されていないので、既存のAM2+マザーボードの多くが、BIOSを更新することでPhenom II X4に対応する予定だ。

 CPU内蔵のメモリーコントローラー自体はDDR3/DDR2の双方に対応するが、現時点での対応メモリーはDDR2-1066/800/667/533/400となっている。チップ間インターコネクトバスにはHyperTransport 3.0(3.6GT/秒)を使用する。

Phenom IIの改良要因でどの程度パフォーマンスが向上したかのグラフ Spiderベースのシステムと最新のDragonの性能比較
Phenom IIの改良要因でどの程度パフォーマンスが向上したかのグラフ。特に高クロック化とキャッシュの増量が効いている従来のプラットフォーム「Spider」ベースのシステムと、最新のDragonの性能比較。CPUとGPUそれぞれの強化が効果を発揮している

 性能を重視して動作クロックも高いCPUであるため、TDPは125Wと高い。しかし45nmプロセス化と電力制御技術「Cool'n'Quiet 3.0」により、アイドル時の消費電力は従来より40%程度低いとしている。

 Phenom II X4の特徴としてAMDは、オーバークロックへの余裕の大きさを挙げている。DragonプラットフォームとAMD製のオーバークロックソフト「AMD OverDrive 3.0」の組み合わせで、3GHz台を超えて4GHzも狙える可能性があるとしている。実際に製品説明会で披露されたデモでは、3.8GHzまでのオーバークロックを実演してみせた。

Phenom II X4搭載のデモマシン 特別な冷却手段を使わずに3.8GHzを達成
Phenom II X4搭載のデモマシン。アイドル時の消費電力はマシン全体で150W強程度だったAMD OverDriveによるオーバークロックデモでは、水冷のような特別な冷却手段を使わずに3.8GHzを達成した
Phenom II X4で4GHz超えの可能性も AMDではPhenom II X4で4GHz超えの可能性を示唆している

 今回の2製品はいずれも、性能重視のパフォーマンス分野向けとなっているが、AMDでは2009年中に、DDR3メモリーのみに対応する「Leo」「Pisces」「Kodiak」(いずれもコード名)のCPUをリリースする予定である。Leoはパフォーマンス、Piscesはメインストリーム、Kodiakはコマーシャル(ローエンド)向けとされている。

デスクトップ向けCPUのロードマップ デスクトップ向けCPUのロードマップ。今日のPhenom IIは、既存システムとの互換性を重視しているが、年内にはDDR3に絞って、ラインアップも広げる

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン