このページの本文へ

BIOSTAR「TPower X58」

BIOSTAR初の「X58」搭載マザーボード販売開始!

2008年12月17日 21時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BIOSTAR初となる「X58」採用LGA 1366対応マザーボード「TPower X58」の販売が今日からスタートした。

「TPower X58」 基板
「X58」採用LGA 1366対応BIOSTAR製マザーボード「TPower X58」。オーバークロック機能も充実し、マルチGPU環境の構成も可能だ

 同製品については、こちら「BIOSTAR製X58マザー「TPower X58」が満を持して登場!」で細部にわたって紹介している。よってここでは、簡単なスペックのみをお伝えすることにする。
 拡張スロットの構成は、PCI Express(2.0) x16×3(x16/x16/x4)、PCI Express x1×1、PCI×2でATI CrossFireXおよび3-way NVIDIA SLIどちらもサポート。6本あるDDR3 DIMMはDDR3-800/1066/1333/1600(OC)/1866(OC)、最大24GBまで搭載可能。オンボードインターフェイスとしてRealtek/8111CによるデュアルギガビットイーサネットやRealtek/ALC888S 8+2 Channel HD Audio、IEEE1394、Serial ATA II×6、eSATA×2、IDE×1など。
 また、パッケージには「Intel Core i7世界記録達成マザーボード」と記載されたシールが貼られており、Core i7 920(2.66GHz)で4662MHz(4.662GHz)、Core i7 940(2.93GHz)で4800MHz(4.8GHz)といったクロックも確認できる。今日から販売しているアークでは、価格2万8800円だ。

世界記録達成シール パッケージには「Intel Core i7世界記録達成マザーボード」と記載されたシールが。Core i7 920(2.66GHz)で4662MHz(4.662GHz)、Core i7 940(2.93GHz)で4800MHz(4.8GHz)といったクロックも確認できる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中