このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」 ― 第55回

「じぶん銀行」で考える“手のひら”バンキング

2009年01月10日 12時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
【今週の1枚】じぶん銀行のカード。通帳は発行されず、現金の入出金に使うこのカードとケータイだけで銀行のフルサービスが利用できる
 

 昨年末にケータイをハードに使う女子高生にちらりと話を聞いたところ、なんと「貯蓄」に興味があるという。僕が高校生の頃は、たくさんある欲しいモノの中から何を買おうか、と悩んでいたものだった。しかし、最近のご時世を考えると、やはりもらったお年玉も使わずに貯金することになるのだろうか。

 そんな世代にぴったりのサービスがある。auが三菱東京UFJ銀行と共に立ち上げた「じぶん銀行」がそれだ。ケータイの中に口座と通帳を入れてしまい、自分のサイフのようにポケットに入れて活用することができる、新しいタイプの銀行だ。

 ケータイをメインチャネルに据えたフルバンキングサービスを行う「ケータイ銀行」の立ち上げは、おサイフケータイなどの決済サービスを充実させてきたauと、メガバンクとしてネット金融サービスを検討していた三菱東京UFJ銀行との思惑が一致してスタートした。

すでに2008年秋冬のauの端末からは、メニュー画面に常駐アプリとして搭載されている「じぶん銀行」を起動した画面

 「ターゲットはケータイ・ネイティブなワカモノだけでなく、ケータイを使う幅広い年齢層。対象を絞り込むのではなく、利用シーンに合わせてサービスを提供していければ」と語るのは、じぶん銀行取締役の勝木朋彦氏だ。

じぶん銀行取締役の勝木朋彦氏は「既存の銀行とは違って、経営のリソースをケータイに集中投下できるのがじぶん銀行の強み」と述べる

 「口座開設数は2008年11月現在、約30万口座です。他のネットバンクの立ち上げ初年度に比べると、最速ペースと言えるでしょう。2008年秋以降、auのほとんどの新機種にはアプリがインストールされ、免許証の写真を撮ってメールで送れば本人確認書類となり、印鑑レスで口座開設ができます。全てのサービスがケータイだけで使うことができ、au以外のキャリアのユーザーの方にも他のネットバンクに負けないサービスをご利用いただけます」(勝木氏)

じぶん銀行にログインしたトップ画面先月の収支がプラスになったお知らせ機能も搭載。これなら計画的な貯蓄が可能?

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART