このページの本文へ

MSI「Wind Board 330」

インテルに続き、MSIからAtom 330搭載マザーボード登場

2008年12月13日 22時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日紹介した、デュアルコアCPUのAtom 330を搭載したMSI製のMini-ITXマザーボード「Wind Board 330」の販売がスタートしている。

「Wind Board 330」 基板
デュアルコアCPUのAtom 330を搭載したMSI製のMini-ITXマザーボード「Wind Board 330」の販売がスタート

 「Atom 330」(クロック1.6GHz)搭載マザーボードとしては、インテル純正のMini-ITXマザーボード「D945GCLF2」に続いて2製品目となる「Wind Board 330」。主なスペックはチップセットが「i945GC」+「ICH7」、拡張スロットはPCI×1、メモリスロットがDDR2 DIMM×1(DDR2-533、2GBまで)。オンボードインターフェイスにVGAや6chサウンド、100/10Base-Tイーサネット、Serial ATA×2、IDE×1。価格はパソコンハウス東映で1万1680円、BLESS秋葉原本店で1万1980円、T-ZONE.PC DIY SHOPで1万2280円、アークで1万2400円となっている。

I/O部 ポップ
主なスペックはチップセットが「i945GC」+「ICH7」、拡張スロットはPCI×1、メモリスロットがDDR2 DIMM×1(DDR2-533、2GBまで)。オンボードインターフェイスにVGAや6chサウンド、100/10Base-Tイーサネット、Serial ATA×2、IDE×1

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中