このページの本文へ

Foxconn「Bloodrage」

Foxconn、「X58」搭載ハイエンドマザーがお買い得価格で登場

2008年12月12日 23時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Foxconn2モデル目となる「X58」採用LGA 1366対応マザーボード「Bloodrage」の販売が今日からドスパラ秋葉原本店で始まった。

「Bloodrage」 基板
Foxconn2モデル目となる「X58」採用LGA 1366対応マザーボード「Bloodrage」の販売が今日からドスパラ秋葉原本店でスタート

 「Bloodrage」は、同社の「X48」搭載マザーボード「BLACKOPS」でも採用されたファンレス/空冷/水冷/extreme cooling(ドライアイス冷却)の4通りの冷却方法に対応。
 また、14フェーズ仕様となるPWMに囲まれたCPUソケット部分にはLGA 1366用クーラーが取り付け可能なのはもちろん、LGA 775用のホールを設けることで従来のLGA 775対応CPUクーラーも使用可能となる。

4通りの冷却方法 図解
同社の「X48」搭載マザーボード「BLACKOPS」でも採用されたファンレス/空冷/水冷/extreme cooling(ドライアイス冷却)の4通りの冷却方法に対応
CPUソケット周辺 LGA 775用のホール
LGA 1366用クーラーが取り付け可能なのはもちろん、LGA 775用のホールを設けることで従来のLGA 775対応CPUクーラーも使用可能となる

 拡張スロットはPCI Express(2.0) x16×4、PCI Express x1×1、PCI×1でATI CrossFireX、NVIDIA SLIどちらもサポート。3本あるDDR3 DIMMはDDR3-1800(OC)/1600/1333、最大12GBまで搭載可能。オンボードインターフェイスとしてRealtek/8111CによるデュアルギガビットイーサネットやIEEE1394、Serial ATA II×6、eSATA×2、SAS×2(Marvell/88SE6320)、IDE×1など。別途、Realtek/ALC889による「SONAR X-Fi」8chサウンドカードが付属する。「X58」採用マザーボードの中でも比較的ハイスペックといえそうな同製品だが、価格は2万7800円と初回から3万円割れ。年末に向けてCore i7導入を検討しているユーザーにとって注目のモデルといえそうだ。

I/O部 サウンドカード
オンボードインターフェイスとしてRealtek/8111CによるデュアルギガビットイーサネットやIEEE1394、Serial ATA II×6、eSATA×2、SAS×2(Marvell/88SE6320)、IDE×1など。別途、Realtek/ALC889による「SONAR X-Fi」8chサウンドカードが付属する

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中