このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

DS「ドラクエIX」は3月28日に発売! 次回作の話も……?

2008年12月10日 19時00分更新

文● 飯塚/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スクウェア・エニックスは12月10日、同日開催した「ドラゴンクエスト発表会」にて、2009年3月とされていたドラゴンクエストシリーズ最新作「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売日を3月28日と発表した。価格は5980円。

ドラクエをさらに幅広い年齢層に展開

PS2「ドラゴンクエストV」よりシリーズのプロデューサーを務める三宅有氏

 1986年に初代がファミリーコンピュータで発売されて以来、現在までに8本の本編と、数多くの関連作品が発売されている「ドラゴンクエスト」。昨今の「ドラクエ」はというと、「これまでゲームを遊んでいなかった人」や、「昔は遊んでいたが今はゲームで遊んでいない人たち」に向けて、ニンテンドーDSでのリメイク作品を中心に「ドラゴンクエストIV」を2007年11月に、「ドラゴンクエストV」を2008年7月に発売し、共に100万本を超える大ヒットとなっている。

 さらに「ドラクエ(とそのフィーバー)を知らない小さな子どもたち」に向けて、全国のおもちゃ売り場などでカードゲーム「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」を2007年6月より展開。カードの売り上げ枚数は現在で1億枚を突破している。

今月末より全国の量販店などで正式稼働を開始する最新作「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII」

 こうした状況を踏まえて、親子で楽しめる「ドラクエ」として2009年3月にWi-Fiを利用して4人までが同時に冒険できる「ドラゴンクエストIX」が登場するわけだ。

産みの親、堀井雄二氏が登場!
「がんばって間に合わせます」

ご存じ、堀井雄二氏

 続けて、ドラクエシリーズの産みの親である堀井雄二氏が登場し、4台のニンテンドーDSiを使ったマルチプレイのデモが行なわれた。ドラクエIXのマルチプレイは、ホストとなるプレイヤーの世界に接続して遊びに行くという形が取られている。

 現在のドラクエIX状況としては、「終盤にさしかかっているが、まだ開発が続いている」という。堀井氏は「がんばって間に合わせるようにします」というコメントとともに、次回作「ドラゴンクエストX(10)」についても「Wiiでの発売を考えている」とすでに開発に取りかかっていることを示唆した。

堀井雄二氏やすぎやまこういち氏、鳥山明氏など、メインメンバーを模したキャラクターが登場! プロフィールとしてコメントを書いておくこともできるぞ

 また、来週発売の週刊少年ジャンプにてパッケージイラストが初公開となるほか、12月20日(土)、21日(日)に千葉・幕張メッセで開催予定のジャンプフェスタにて、初となるプレイアブル出展が行なわれることが明らかになった。発売日は4ヵ月後に迫った本作をいち早くプレイしたい人は、幕張メッセへと行ってみよう!

ドラクエIXの主人公は確実に自分! 自分としての冒険が世界を紡いでいくのだ

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ