このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ダビングもできる! ツタヤの映像ダウンロードサービス

2008年12月10日 18時53分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ダウンロードサービスに対応するパナソニックの「ブルーレイ DIGA」
ダウンロードサービスに対応するパナソニックの「ブルーレイ DIGA」

 ツタヤオンラインが提供するテレビ向け映像配信サービス「TSUTAYA TV」で、ハイビジョン動画のダウンロードサービスが12月19日から開始される。最大の特徴はダウンロードした動画をBlu-ray Discなどにダビングできることだ。


ハイビジョン動画をBDやDVDにダビング

動画の詳細情報のページからストリーミングやダウンロード、セルスルーを選択できる 購入前に金額や視聴期限などを確認できる
動画の詳細情報のページからストリーミングやダウンロード、セルスルーを選択できる購入前に金額や視聴期限などを確認できる
承認手続きなどを経て動画をダウンロード。ダウンロードした動画はこの画面では見られない 一旦アクトビラを終了し、機器のメニューからHDDを参照する。DIGAは「ダウンロード」というメニュー項目に表示される
承認手続きなどを経て動画をダウンロード。ダウンロードした動画はこの画面では見られない一旦アクトビラを終了し、機器のメニューからHDDを参照する。DIGAは「ダウンロード」というメニュー項目に表示される

 TSUTAYA TVはテレビ向け情報サービス「アクトビラ」上で提供されるサービスだが、今回のダウンロードサービスもアクトビラの仕様に沿ったものだ。

 受信したデータをリアルタイムで再生する従来のストリーミング型に対し、ダウンロード型は一度にすべてのデータをダウンロードしてHDDに保存する。

 そのメリットは、ネットワークの帯域幅に縛られないため、より高画質な映像を配信できること。ストリーミング型の平均ビットレートが6Mbpsなのに対して、ダウンロード型は平均10Mbps、最大20Mbpsだ。ちなみにファイル形式はどちらもMPEG-4 AVC形式。

 ダウンロードサービスは、視聴期限が無制限の「セルスルーサービス」と48~72時間の視聴制限を設ける「ダウンロードレンタルサービス」の2種類がある。

 このうち、セルスルーサービスはBDやDVD(AVCREC方式)、iVDR-Sへのダビングに対応。最大2回までダビングできる。

 また、セルスルーはパッケージメディアのリリースと同時期に配信される作品もあるという。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART