このページの本文へ

アビー「AS Power SD-520ETE」「AS Power Silentist+ SP-770EA」

限定1500台! 満足できなきゃ返品OKのアビー製電源ユニット

2008年12月02日 23時30分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アビーから限定1500台の定格520W電源ユニット「AS Power SD-520ETE」とAS Power Silentist+の上位モデル「AS Power Silentist+ SP-770EA」が明日3日(水)より販売開始される。

AS Power SD-520ETE

「AS Power SD-520ETE」 製品
限定1500台のアビー製定格520W電源ユニット「AS Power SD-520ETE」
イージープラグシステム 返金保証
「AS Power品質お試し企画」と題して性能に満足出来なかった場合、購入代金を返金する「返金保証」付きなのも特徴

 「AS Power SD-520ETE」は、「AS Powerシリーズ」の上位モデルに使用されるメイン基板を採用するなど、従来の「AS Power SDシリーズ」と比較して高い耐久性と安定感を実現するというATX電源ユニット。
 また、1500台限定販売の本製品は「AS Power品質お試し企画」と題して性能に満足出来なかった場合、購入代金を返金する「返金保証」付きなのも特徴だ。
 主な仕様は、コネクタ数がATXメイン(20+4ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×1、HDD×5、Serial ATA×6、PCI Express(6ピン)×1、PCI Express(6+2ピン)×1。ケーブルは着脱式ケーブルであるイージープラグシステム採用、搭載ファンは静音タイプの12cm角(青色LED付き)。電源はATX12V Ver.2.3規格に準拠しており、本体サイズは150(W)×150(D)×86(H)mmとなる。また、2レーンの+12Vラインはリアパネルに装備されたターボパワースイッチによって1レールに統合(COMBINEモード)することも可能だ。
 予価は6980円で、T-ZONE.PC DIY SHOP、ソフマップリユース総合館、ソフマップパソコン総合館、ソフマップ本館、TSUKUMO eX.、BLESS秋葉原本店、アーク、TWOTOP秋葉原本店、フェイス本店、クレバリー1号店、クレバリーインターネット館、石丸電気モバイル館、ドスパラ秋葉原本店などに入荷予定となっている。

AS Power Silentist+ SP-770EA

「AS Power Silentist+ SP-770EA」 製品
イージープラグシステム 上位シリーズ(AS Power Extremer/AS Power Silentist+)用に開発されたクーリングソリューション「BFS PRO」(温度のほか負荷が低い場合にファンを完全に停止する機能)の採用や、4レーンの+12Vラインを1レールに統合(COMBINEモード)することもできるターボパワースイッチをリアパネルに装備する定格770Wのハイエンド電源ユニット

 一方「AS Power Silentist+ SP-770EA」は、上位シリーズ(AS Power Extremer/AS Power Silentist+)用に開発されたクーリングソリューション「BFS PRO」(温度のほか負荷が低い場合にファンを完全に停止する機能)の採用や、4レーンの+12Vラインを1レールに統合(COMBINEモード)することもできるターボパワースイッチをリアパネルに装備する定格770Wのハイエンド電源ユニット。
 主な仕様は、コネクタ数がATXメイン(20+4ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×1、HDD×6、Serial ATA×8、PCI Express(6ピン)×2、PCI Express(6+2ピン)×2。電源はATX12V Ver.2.3規格に準拠しており、ケーブルは着脱式ケーブルであるイージープラグシステム採用、本体サイズは150(W)×150(D)×86(H)mmとなる。
 予価は2万1980円で、T-ZONE.PC DIY SHOP、ソフマップリユース総合館、ソフマップパソコン総合館、ソフマップ本館、ツクモパソコン本店II、TSUKUMO eX.、ツクモケース王国、アーク、TWOTOP秋葉原本店、フェイスカスタム館、フェイスパーツ館、クレバリー1号店、クレバリーインターネット館、石丸電気モバイル館、ドスパラ秋葉原本店などに入荷予定となっている。なお、本製品には「AS Power SD-520ETE」のような「返金保証」制度はない。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中