このページの本文へ

東プレ「Realforce 91UDK-G」

東プレ「RealForce」初のゲーマーモデル!? 近日デビュー

2008年11月29日 21時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キースイッチに静電容量無接点方式を採用することでお馴染みの東プレ製キーボード「RealForce」シリーズに、ゲーマーモデルと呼べそうな「Realforce 91UDK-G」が登場。週明け5日から販売が始まる予定だ。

「Realforce 91UDK-G」 ポップ
東プレ製キーボード「RealForce」シリーズに、ゲーマーモデルと呼べそうな「Realforce 91UDK-G」が登場

 「Realforce 91UDK-G」は、テンキーレスダークカラーとなる新モデルで、同社の販売代理店であるダイヤテックオリジナルの製品。キースイッチは東プレ独自の静電容量方式で、キーストロークは4.0mm、押下圧全荷重同一45gのソフトタクタイルフィーリングを採用。
 キー印字は昇華印刷を採用するほか、本体裏面にあるディップスイッチを設定する事で、左CtrlキーとCapsLockキーの入れ替え(交換用キートップ付属)、Windowsキーの有効/無効の切り替え、Escキーと半角/全角キーの入れ替え、アプリケーションキーの有効/無効の切り替えが可能となる。また、FPSゲームユーザーがよく使用する紫色の交換用WASDキートップが付属している。
 本体サイズは366(W)×169(D)×38(H)mm、重量約1.2kg、ケーブル長約1.6m、インターフェイスはUSB。アークやクレバリー2号店、T-ZONE.PC DIY SHOPで販売予定で、予価は2万2500円だ。

WASDキートップ 仕様
本体裏面にあるディップスイッチを設定する事で、左CtrlキーとCapsLockキーの入れ替えやWindowsキーの有効/無効の切り替えなどが可能に。またFPSゲームユーザーがよく使用する紫色の交換用WASDキートップが付属している

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中