このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「快盗天使ツインエンジェル」OVA発売記念イベントでSammyの本気を見た!

2008年11月29日 20時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月9日に秋葉原UDXの2階にあるイベントスペースAKIBA_SQUAREにてOVA「快盗天使ツインエンジェル」の発売記念イベントが開催された。

OVA「快盗天使ツインエンジェル」の発売記念イベント

 本イベントには、水無月遥(レッドエンジェル)役を演じた、人気声優田村ゆかりさんと神無月葵(ブルーエンジェル)役の能登麻美子さんの2人が出演するということで、同イベントの参加券はプラチナチケット。しかも、このイベントに参加するには、OVAシリーズの上下巻を購入すると付いてくる応募券で申し込み、抽選に当たらなければならなかったため、チケット入手は難しかったのだ。

11月上旬とは思えぬ寒さのなか、ツワモノたちが「快盗天使ツインエンジェル」発売記念イベントの入場開始を待って列を作っていた会場内には、物販コーナーも用意されており、この時点ではまだ発売されていなかった同作品のオリジナルサウンドトラックが先行販売されていた

 イベントはまず、制服姿の水無月遥と神無月葵の着ぐるみがステージに登場し、キャラクターショーが行われた。普通は着ぐるみの中の人があらかじめ収録された音声に合わせて練習を重ね、ショーを行なうものだが、この日のショーは生アテレコで行なわれた。すなわちステージの裏で田村さんと能登さんが、舞台の着ぐるみ2人が見えないなかで、台本をその場で読んでいたのだ。

水無月遥と神無月葵の着ぐるみがステージに姿を見せてイベントがスタート!!

 キャラクターショーが終わると、ステージ上に田村さんと能登さんが姿を見せ、客席から大きな声援が上がった。司会のやまけん氏から生アテレコの感想を聞かれると、田村さんは「ステージの上が見えないからどんな動きをしていたのか気になった」と感想を語った。

 続いてのフリートークでは、OVA収録時のエピソードを中心に話が進んだ。田村さんは、暑いさなかの収録日に賞味期限切れのおにぎりを能登さんが食べたというエピソードを話した。田村さんは「食べようとするから、みんなでやめたほうがいいっていったのに、目を放した隙にムシュムシャ食べちゃったんだもん」と語っていた。
 おにぎりを食べてしまった能登さん、やまけん氏から作中にも登場した「“食べる勇気”ということですか?」と質問されると、能登さんは「たしかやばい具じゃなかったはずです。マヨネーズは入ってなかったと思います」と自分ルールを展開。田村さんとやまけん氏の2人からすかさずツッコミが入ったのだが、客席からは「大丈夫、大丈夫」という、フォローといってよいのかわからない声援が上がっていた。
 一方の能登さんは「1巻と2巻の収録に間があったので、その間におばあちゃん(先代のツインエンジェル)の話をしていました」と話をした。このほか「共演した檜山さんがかっこよかった」、「ラジオとOVAでキャラクターの設定が違っていて、ラジオの葵はトロくない」などといった制作秘話が展開された。

おにぎりのエピソードでは、自分ルールを展開していた能登麻美子さん(写真左)「怖いよ、だって無表情なんだもん」と葵の着ぐるみに無茶振りをしつつ、おびえる田村ゆかりさん(写真右)

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社