このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

週末晴れたら、コンパクトカメラ片手に遊びに行こう

プリントできるデジカメ、xiaoで猫とか撮ってみた

2008年11月29日 09時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デジタル時代の遊べるインスタントカメラ「xiao」が欲しい理由

 その場でプリントできるデジカメがあったら楽しかろう、というのは昔から多くの人が考えていたのである。

 かつてそれに一番近づいたのが、富士フイルムの「FinePix PR21 Princam」(プリンカム)。デジカメと、同社のインスタントフィルム(つまり、チェキ)が合体した製品で、それがなんと1999年(20世紀だっ)のことだった。

 このPrincamは巨大なボディが災いしてか後継機が出ることはなかったが、その精神は電池で駆動するケータイプリンター「PiVi」に受け継がれた。赤外線ポートを使ってケータイで撮った写真をその場でプリントできるというものだ。プリントは富士フイルムの「インスタントフィルム」なのでプリンターというよりは、写真そのものだ。

xiao TIP-521本体。メタリックでハードカバーの本か手帖かってサイズがいい。デザインは◎

 あれから9年、そんな合体製品がカメラメーカーではなく、おもちゃメーカーから登場したのである。それがタカラトミーのxiao(シャオ)だった。実は初代xiaoはポラロイドと共同開発したインスタントカメラ。xiao TIP-521はそのデジタル版、いわば「ポラロイド的インスタント・トイデジカメ」で、略して「ポラデジ」というわけだ(略しすぎ)。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART