このページの本文へ

面倒なTableタグはExcel+「XLS2HTMLTable」で!

Excel→HTMLをワンクリックで変換!

2008年11月27日 08時00分更新

小橋川誠己/企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CSSレイアウトのおかげで昔に比べてめっきり減ったとはいえ、Tableタグを使う機会はなくなったわけではない。表組みで見せたほうが分かりやすいコンテンツなら、当然Tableタグの出番となる。だが、Tableはパッと見で構造が分かりにくく、手で書くのは面倒、という人も少なくないだろう。

 もちろん、Dreamweaverなどのオーサリングツールの力を借りてもいいが、おなじみの「Excel」を使って簡単にTableを作れるツールがある。安形 康氏作の「XLS2HTMLTable」というフリーソフトだ。Excelのアドインとして動作するXLS2HTMLTableは、指定した範囲のExcelワークシートをシンプルなHTMLに変換してくれる。2002年のリリースと少々古いツールだが、編集部ではWindows XP/Excel 2003環境で動作を確認した。

 インストールも使用方法も簡単だ。作者のWebサイトまたはベクターからダウンロードしたXLAファイルを、[ツール]→[アドイン]→[参照]で選択。「有効なアドイン」にチェックを入れると、[ツール]メニューの中に[XLS2HTMLTable]の項目が追加される。

XLS2HTMLTable
有効なアドインにチェックを入れる

 実際に使用する際は、ワークシート上でTableに変換したい範囲を選択して、先ほどの[ツール]→[XLS2HTMLTable]をクリックすればいい。すると、作成するTableの幅やボーダー、背景色などを設定できる設定ダイアログが表示される。基本は何も変更せずに、そのまま[Execute!]を押すだけ。あっという間にHTMLへ変換される。

XLS2HTMLTable
Tableに変換したい範囲を選んで、[XLS2HTMLTable]をクリック
XLS2HTMLTable
設定ダイアログ。背景色なども設定できるが、ここではとりあえず設定せずにCSSで変更しよう

 [Preview]を押すとそのままブラウザーでのプレビューが、[Copy All]を押せばソースコードのクリップボードへのコピーができる。あとはHTMLの中から不要なタグを取り除き、必要に応じてCSSで見た目を調整すれば完成だ。

XLS2HTMLTable
完成したHTML。コピーやプレビューもボタン1つでカンタンだ

 “作表ツール”として使いなれたExcelをTableタグジェネレーターに変えてくれるXLS2HTMLTableなら、自分で作った表だけでなく他人からもらったExcelデータも手軽にWebに流用できる。Excel標準のHTML書き出し機能と違って生成されるHTMLもシンプルなので加工がしやすく便利だ。ぜひ試してみよう。

XLS2HTMLTable
シンプルなHTMLなのでCSSで好みのデザインに変更して使おう

■関連サイト

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. コンテンツマーケ時代の必読書『Webコピーライティング教室』予約受付中 238
  2. 待望のiPhone対応、子どものネット履歴を見守る「ノートン ファミリー」 113
  3. 8限目:「キャッチコピー」の 「ピラミッド」から脱出せよ 95
  4. 9限目:情報を掘り起こす 「シャベル」のつくり方 55
  5. 現役コピーライターに学ぶ『Webコピーライティング教室』好評発売中 52
  6. 商業写真で首切りと串刺しがダメな理由 2322
  7. 明朝体は絶滅するのか? AXIS Font生みの親の挑戦 2079
  8. アダルト検索エンジン「Boodigo」が公開 - 元Google社員ら立ち上げ 1587
  9. アドビ、日本語対応フォントをGitHubで無料配布 1203
  10. Apple Musicが流行らない理由をユーザー視点で考えてみた 1021
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング