このページの本文へ

「気ついたらブラシパレットが大変なことに!」というアナタに贈る

Photoshopブラシを効率よく整理する5つの方法

2008年11月26日 08時00分更新

小橋川誠己/企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

3:気に入ったブラシだけで自分用のライブラリを作る

 不要なブラシの削除や順番の整理がついたら、自分用のブラシライブラリ(ABRファイル)として保存しておこう。保存は先ほどのプリセットマネージャで[セットを保存]を選んでもいいし、ブラシパレットのタブ部分の▼から、[ブラシの保存]でもOKだ。

Photoshopブラシ
プリセットマネージャの場合は、[セットを保存]をクリック。適当な名前をつけて保存する

 保存したABRファイルは、ネットからダウンロードしてきたファイルと同様、どの場所(フォルダ)に置いてあっても自由に読み込める。適当な名称をつけて、自分が分かりやすい場所に置いておこう。

 たとえば、「Webロゴ用」「Web背景用」といった用途別や、「アナログ」「メタル」などのイメージを表す名前でもいい。使いやすい形でグルーピングしておくと便利だ。


4:本当に使うブラシだけをPhotoshopフォルダに置く

 自分で作ったりダウンロードしたブラシライブラリはどこにおいても読み込めると紹介してきたが、頻繁に使うものはPhotoshopのデフォルトのブラシフォルダにおくと便利だ。デフォルトのブラシフォルダ(たとえば、「\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS2\プリセット\ブラシ」)にABRファイルを置いておくと、自動的にブラシパレットのメニュー(タブ部分の▼をクリックして開く)に一覧で表示されるようになる。

Photoshopブラシ
デフォルトのフォルダによく使うブラシファイルを置いておくと……
Photoshopブラシ
メニューから一発でブラシライブラリを呼び出せるようになる

 普段使うブラシライブラリがだいたい固まってきたら、ここに置いてすぐに読み込めるようにしておくといい。なお、Photoshop起動中にABRファイルを追加した場合には、一度Photoshopの再起動が必要だ。

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング