このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ビジネス文書 ―― 「ワードの表」のイライラを解決する ― 第5回

文書作成が楽になるアイデアその4

Word2007ならプレビューを見ながら表作成

2008年11月26日 08時30分更新

文● 構成● 日向ミズキ、内藤康子(本郷PC塾)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Word2007では、2003以前までメニューバーとツールバーに分かれていた操作方法が、タブとリボンに統一されてシンプルになった。また、操作の途中でも、その操作結果のプレビューが文書上に表示されるようになった。この2つの大きな変更は、表の操作にも活かされている。ここでは2007の基本的な表作成機能がどうなっているか、具体的に見ていこう。

表の挿入
マウスの動きにあわせて
マスの目の数がリアルに変わる

 表を挿入するときに、試行錯誤を繰り返さなくてもすむようになった。表を挿入するためのマス目をポイントしている途中でも、選択中のマス目の数にあわせて、文書中に表のプレビューが表示され、できあがりを確認しながら表を挿入できる。

表を挿入したい場所を決める
表を挿入したい場所を決める

 まず、表を挿入したい場所をクリックしてカーソルを配置する。これはWord2003までと同様。


実際に表を挿入
マス目の上でマウスを動かすだけで表の行と列が決められる

 [挿入]タブの[表]ボタンをクリックすると、マス目が表示される。マス目の上でマウスを動かす(ボタンを押す必要は無い)と、プレビューが表示される。マス目をクリックすると実際に表が挿入される。


表に関するツールが表示される
表内にカーソルがあるときは、表のデザインに関するツールが表示される

 表を挿入すると[表ツール]の[デザイン]タブがリボンに表示され、ここから表の書式を設定できる。[表ツール]の[デザイン]や[レイアウト]タブは、表内にカーソルがあるときのみ表示される。


「クイック表作成」で
完成している表を挿入することも

 また、あらかじめサンプルデータが入っていて、スタイルも設定済みの表のテンプレートも[クイック表作成]に用意されている。

表のテンプレート
あらかじめ用意されたテンプレートからも表を作成できる

 [表]ボタンの[クイック表作成]には、完成済みの表のサンプルがテンプレートとして用意されている。クリックして挿入後、データを上書きしたり書式を直したりして表を作成できる。


 (次ページ「表の色や文字色の変更」に続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ