このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Excel達人の新定番テク60 知らないあなたは損してる! ― 第1回

驚きのExcel 超早技ベスト15 これは便利!

2008年11月17日 08時00分更新

文● 構成● 尾崎 裕子、アスキードットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マンネリ化した方法でExcelを使っていないでしょうか。実はもっと簡単で手早くできる技があるのです。使わないなんてもったいない。アナタの知らない「新」Excel技大特集! 第1回は、手間を省いて操作をすばやく! 今すぐ役立つ厳選早技15を紹介します。面倒な入力や編集作業をどんどん片づく!

技1――表の早技
表の見出しを除いて列幅を自動調整

 列の幅は、列番号の境界線をダブルクリックすると自動的にその列の最大文字数に合います。

 しかし、画面の表のようにB列に長いタイトルがあると、列幅は自動的にタイトルに合わせて広がってしまいます。

 列幅を表の文字に合わせるには、基準にしたいセルだけを選択し、メニューから設定します。

B2セルには表見出しが入力されているが、
これを無視して表に列幅を合わせたい

表見出しを無視して列幅に自動調整する手順 自動調整できた
列幅の基準にしたいB4からB8のセル範囲を選択し、メニューバーから[書式]→[列]→[選択範囲に合わせる]を選ぶ選択したセルの中で、一番文字数の多い「No.」に合わせて列幅が自動調整される

技2――入力の早技
支店名をいつも決まった順番でオートフィル入力

 会社の支店名や部署名など、いつも決まったデータを決まった順序で入力しているなら、そのデータを「ユーザー設定リスト」に登録しておくと入力が楽になります。

支店名をオートフィルに登録する

オートフィルに支店名を登録
登録したいデータを順番どおりに入力し、選択。メニューバーから[ツール]→[オプション]を選ぶ。[ユーザー設定リスト]タブを選択し、[インポート]をクリックすると取り込まれる。[OK]で登録完了

オートフィルで入力する

登録したデータのひとつを入力 以降はセルのドラッグ&ドロップで自動入力される
登録したデータをひとつ入力する。そのセルを選択し、セルの右下角にポインターを合わせ、十字形になったらドラッグ最初に入力したデータから始まり、ドラッグした場所まで、登録したデータが順にセルに入力される

 いったん登録しておけば、どのブックでも、データのひとつを入力して、それをオートフィル機能でコピーするだけで、登録した内容、順序でほかのデータを一気に入力できます。


技3――入力の早技
「=」の代わりに「+」キーで式を入力

 数値を計算する式は[=10+20]のように、先頭に[=]を入力する必要がある。しかし[=]はテンキーにないので入力がしづらい。

 そこで、[=]の代わりにテンキーの[+]を使おう。[+10+20]と入力して[Enter]キーを押すと[=10+20]に変換される。

 (次ページ、セルを組み合わせた連続データを入力する、へ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ