このページの本文へ

Centrino 2対応のタブレットコンバーチブルノート

UMPCとは違うのだよ~FMV-BIBLO LOOX Pの実力

2008年11月26日 09時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

妥協のないスピード感

このロゴマークこそ、Netbookにはないパフォーマンスの証しだ
このロゴマークこそ、Netbookにはないパフォーマンスの証しだ

 FMV-BIBLO LOOX Pの強みは、このサイズにして「インテル Centrino 2」マシンであること。Core 2 Duo U9300(1.20GHz)、2GBメモリー(DDR2 SDRAM)、SSDを搭載するフルスペックのノートパソコンだ。その実力を試してみた。

 まず、Windows Vistaの起動時間(電源オンからデスクトップでの操作が可能になるまで)を計測してみると結果は86秒。これはAtom Z搭載のNetbookと同等だ。

 次いで総合ベンチマークプログラムの「PCMark05」を走らせてみると、スコアは3622だった。Atom Z搭載のNetbook(スコアはだいたい1000前後)より3倍以上速い結果だった。

 実際、FMV-BIBLO LOOX Pのアプリケーションインストールやソフトの起動の速さには目を見張るものがある。最近はNetbook/Nettopしか触っていなかった筆者にとっては目からうろこの速さである。

 SSDの恩恵もあるが、Atomノートとは段違いの快適な操作感が味わえる。


ウェブブラウズも快適な画面解像度

ガジェットのサイドバーを表示した状態で、ウェブブラウザーをフルスクリーンで表示
ガジェットのサイドバーを表示した状態で、ウェブブラウザーをフルスクリーンで表示。横1024ドット表示を前提に作られたサイトなら少しスペースが余るくらい

 画面解像度の広さもポイントだ。多くのNetbookは1024×600ドットという解像度だが、LOOX Pの解像度は1280×768ドット。わずかな差のように思えるかもしれないが、ウェブブラウザーを使うとありがたみを実感できる。

 まずVistaでガジェットを使う場合は、横148ドットの領域がサイドバーとして消費される。横が1024ドットだと表示できるのは876ドットだが、1280ドットあれば1132ドットの表示ができる。

「Lunascape 5」(α2)の「YouTubeプラグイン」を左サイドに表示 「Lunascape 5」(α2)の「YouTubeプラグイン」を左サイドに表示

 さらに最近のウェブブラウザーはサイドバーが充実している。ガジェットのサイドバーを閉じてブラウザーのサイドバーを表示させれば、ウェブブラウズも快適だ。

タブレットスタイルにすればこれだけの長さを表示できる タブレットスタイルにすればこれだけの長さを表示できる

 横はいいとして縦の解像度が768ドットでは足りない、という場合はタブレットスタイルに変形することで1280ドット表示ができる。タブレットパソコンならではの使い方だ。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 arrows Tab RH
  • 富士通 arrows Tab QH
  • 富士通

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通
  • 富士通