このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

古田雄介の“顔の見えるインターネット” ― 第37回

ちょいワル育児サイト「3歳シリーズ」黒Flash職人の素顔

2008年11月12日 12時00分更新

文● 古田雄介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 個人サイトやブログで人気のジャンルの1つに「育児系サイト」がある。マンガやテキストで子育ての悲喜こもごもを伝えて、共感を含むあたたかい笑いを誘う、いわばひなたのエンターテインメントだ。

 ところが、このジャンルで金字塔を打ち立てたのは意外にも北朝鮮ネタ、不謹慎ネタなどがメインのいわゆる「黒Flash」を得意とするG-STYLE氏の「3歳シリーズ」だ。

 3歳シリーズは、G-STYLE氏の子どもや家族の様子や出来事をシニカルな視点で描く、全て「1分26秒」のショートFlashサイト。08年11月現在、202編の作品が公開されている。

 2003年から2004年にかけて人気が沸騰し、Flashが書籍化されたことがきっかけで大ブレイクした。その後も、キャラクターグッズ展開など多角的な発展を遂げている。しかし、サイトで得た収益はすべて特定の施設に寄付しているというのだ。

 「真っ黒なFlash職人」と「ひなたのエンターテインメント」そして「施設への寄付」という、まるで結びつきそうにない要素が1つになった理由はどこにあるのか。G-STYLE氏が語る「面倒くさかったから」というキーワードの真相に迫った。

3歳シリーズ

 2003年にスタートした自作Flashサイトの老舗。黒Flashのノリと子育てする家族の日常が融合した個性的なFlashを公開している。

 2004年11月に書籍化第1弾として『3歳シリーズ きちゅび』、2007年1月に第2弾『3歳シリーズ きちゅび2』を、ともに司書房から発行している。

 (次のページ: 3歳シリーズを始めたきっかけは、あの「裏イベント」)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART