このページの本文へ

DSでまったりとRPGがやりたい? それなら「ノスタルジオの風」はどうかね

2008年11月07日 20時00分更新

文● 飯塚/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「3Dだ」、「オンラインだ」と複雑化が進む昨今のゲーム業界。もっと基本に立ち返ったゲームがやりたいという人も少なくないと思われる。そんなわけで今回は、どこか懐かしささえ感じるニンテンドーDS向けのRPG「ノスタルジオの風」を紹介しよう。

ノスタルジオの風 やさしい色使いが特徴的な冒険RPG「ノスタルジオの風」

 ノスタルジオの風は、11月6日にテクモより発売された冒険物のRPG。プロデューサーをTeam TACHYON(チームタキオン)の菊地啓介氏が務め、レッド・エンタテインメントとのタッグで製作されている。なお、キャラクターデザインは天外魔境シリーズの辻野芳輝氏、登場するモンスターデザインは雨宮慶太氏が務めている。このあたりも懐かしさを感じさせる一因であろう。

イメージデザイン
昔からのゲームファンならおなじみであろう、「天外魔境」のキャラクターデザインを手がけた辻野芳輝氏が本作のコンセプトビジュアル、キャラクターデザインを務めている
イメージ イメージ
テレビでは「時空戦士スピルバン」などを、ゲームでは「七つ風の島物語」などのキャラクターデザインを手がけた雨宮慶太氏が敵モンスターのデザインを担当する

 実際のゲーム内容についてだが、舞台は19世紀末の地球。飛空船に乗って実在する世界各地を飛び回り、世界の遺跡などを攻略しながら冒険していく、という流れだ。フィールドでは飛空船を使った敵とのバトルが、遺跡内などではキャラクター達がバトルを繰り広げる。

敵飛空船 敵飛空船
敵飛空船のデザインを手がけるのは草彅琢仁氏。セガサターンの名作RPG「グランディア」のキャラクターデザインなども担当している

 飛空船でのバトルでは、船の先に装着するブレードや砲撃を行なうキャノン、シールドなどをカスタマイズして強化し、敵飛空船やモンスターと戦う。キャラクターでのバトルでは、バトルで貯めたポイントを使用して得意技(スキル)を成長させ、キャラクターをそれぞれの戦闘スタイルに育てあげることができる。こういったカスタマイズ性の高さもウリだ。

カスタマイズ カスタマイズ
自分の飛空船をカスタマイズして強化し、モンスターや敵の飛空船と戦っていく。仲間はそれぞれブレードやキャノンなどの武器を担当する
キャラクターバトル 遺跡内ではキャラクターを操作してモンスターと戦う。スキルを伸ばして効率よく戦っていこう

 余談になるが、実在の世界を再現したマップは実際の都市の位置、名前を覚えるのにも役に立つ。RPGの入門編として、ゲームに興味を持ち始めたお子さん用にと、お父さんにもオススメしたい。

19世紀末をイメージした、もう1つの地球が舞台。ゲームをやりながら地理も覚えられちゃう!?

 メインストーリーだけでも30時間以上を見込んでいる本作だが、それだけでなく、サブクエストやレアアイテム集め、交易などやり込み要素もふんだんに盛り込まれている。安心してプレイできるRPGとして年末商戦が本格化する前に手にとってみてはいかが?

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ