このページの本文へ

2008年冬ケータイの魅力 ― 第2回

写真で見るau冬ケータイ──液晶とカメラの「究極美」

2008年10月28日 10時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンデジを超えた!? EXILIMケータイ W63CA

W63CA

 国内携帯電話としては最高レベルの有効809万画素カメラを搭載。カシオのデジタルカメラ「EXILIM」の技術を活かした画像処理エンジン「EXILIMエンジン for Mobile」を搭載する。テレビ並みの毎秒30コマの高画質動画撮影も撮影可能。手ブレ補正にも対応する。

高画質モードで撮影した画像の容量は約3.6MB(標準モードは半分の約1.8MB)。高画質モードで撮影した画像を本体データフォルダーに保存する時間は1枚あたり2~3秒と速く、ストレスは感じない
顔検出オートフォーカスは、なんと最大9人までに対応する。動きの速い被写体の場合は追従性優先モード切り替えることで最大3人まで迅速に検出可能になる
撮影した画像を実際におプリンターで出力してみたところ。通常のL版サイズだと、携帯電話のカメラで撮ったとは思えないほど美しい

3.5型のフルワイドVGAの美しさ AQUOSケータイ W64SH

W64SH

 シャープ製スライド端末は、auでは初めて。今冬モデルで一番重い144gなので、手に持つとややズッシリ感じる。

iTunesのカバーフローのような感覚で、音楽や動画などのAV機能をすばやく呼び出せる。本体を閉じたままでも、前面右端の光学式タッチセンサーでスムーズに操作できるのがいい
有効520万画素カメラは最大5人までの顔を認識できる「顔検出オートフォーカス」や、手ブレ、被写体ブレ補正に対応する
携帯電話で最大級の3.5型フルワイドVGA (854×480ドット)液晶を搭載。パソコン向けサイトの一覧性はスマートフォンに匹敵する2009年1月に提供開始となる「感性型」エージェントインターフェースは、加速度センサー搭載のW64SHとW65Tに対応。待受画面上のキャラクターがメールの着信や次のスケジュール、持ち主の趣味に合ったオススメ情報などを秘書のように教えてくれる

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART