このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

東京ゲームショウ2008レポート第21回

ゲームと音楽をもっと良い関係に 「GMT2008」開催!

ゲーム大好きアーティストが幕張メッセに集結!

2008年10月16日 20時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月8日から12日まで幕張メッセで開催されていた「東京ゲームショウ2008」。一般公開初日の10月11日のTGS終了後の幕張メッセに、ゲーム大好きなミュージックアーティスト8組が集結し、照明の落とされたTGS会場でライブやパフォーマンスを披露した。

GMT
東京ゲームショウの外伝的な「GMT2008」。TGS終了後の18時半から22時までの3時間半にわたって開催された

 このGMTは、ゲームと音楽をもっと良い関係を作ろうという意味を込められたイベントで、「GAME,MUSIC,TGS」の頭文字をとって命名されているのだ。出演するアーティストたちはゲームミュージックを制作するユニットやゲーマーとして知られるアーティストたちとなっており、個性的なライブやパフォーマンスの数々の写真を中心にお伝えしよう。

GMT GMT
会場となる幕張メッセの8ホールの外には、TGS終了前から入場を待つ長い長い列が出来ていた

“オーラルヴァンパイア”

 協賛のMySpaceで開催された「GMTフロントアクトオーディション」で優勝し、同イベントへの出演する権利を獲得した“オーラルヴァンパイア”がファーストアクターとしてステージに姿を見せた。
 彼女たちは吸血女性エキゾチカと仮面の男性レイブマンの2人組で、ニューウェーブやポストパンク、90年代テクノなどを下地に独自のミュージックシーンを形成するユニット。

オーラルヴァンパイア オーラルヴァンパイア
ファーストアクターの“オーラルヴァンパイア”は、「湘南族 ―cannival coast―」「V.マドンナスキゾイド」「Darkwave Surfer」の3曲を披露した
オーラルヴァンパイア オーラルヴァンパイア
吸血女性エキゾチカは両肩も露なセクシーかつ妖艶なドレス姿でステージに登場暗がりのなかでうごめいていたのは、仮面男性レイブマン。ステージ最前にいても、闇に沈んだその姿をはっきりと掴むことは出来なかった

“GhM SoundTeam”

 2番手として登場したのは、「花と太陽と雨と」シリーズなどを手がけるゲーム制作会社「グラスホッパー・マニファクチュア」のサウンドチーム“GhM SoundTeam”。彼らはゲーム制作に限らずゲームへの楽曲提供などもしており、今回のライブでは「ノーモア★ヒーローズ」の「N.M.H.G.M.T」や同社がゲームの開発も担当した「花と太陽と雨と -終わらない楽園-」の「Welcome to Losspass 2」、beatmaniaIIDX 14 GOLDの「PentaCube Gt.(RX-Ver.S.P.L)」、GOD HANDの「俺の右手はゴッドハンド」の4曲を演奏した。

GhM SoundTeam GhM SoundTeam
TGSの取材で体が疲れていた筆者は「Welcome to Losspass 2」の途中で一瞬意識を失い、「PentaCube Gt.(RX-Ver.S.P.L)」の激しい音で覚醒したのは秘密だ

“TENORI-ON”

 TENORI-ONとは、メディアアーティスト岩井俊雄とヤマハのコラボーレーションで生まれた、ヤマハの提唱するまったく新しいタイプの「楽器」だ。今回は、デモンストレーションライブとして、ヤマハから西堀氏が登場。TENORI-ONを使って楽曲制作を行ない、来場したオーディエンスや出演者たちのド肝を抜いていた。ちなみにTENORI-ONは、1つ1つ手作りのため、大量生産ができない。そのため価格はややお高めの12万1000円となっている。

TENORI-ON TENORI-ON
今年はWIREなどのテクノフェスでもデモプレイは行なわれていたが、GMT2008の会場で行なわれたデモプレイは、人の心を魅了する内容になっていたように筆者は感じた

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

東京ゲームショウ2017大特集!

  • 東京ゲームショウ2017レポート

  • 週刊アスキーTGS特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jp RSS2.0 配信中