このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

地上デジタル放送キャプチャー機器

レビュー:GV-MACTV

2008年10月14日 19時15分更新

文● 池田冬彦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

地デジを手軽に視聴/録画できる外付けディスクへの保存も可能!!


GV-MACTV 【SPEC】
開発/販売元●(株)アイ・オー・データ機器 価格●未定(10月中旬掲載時点) 備考●評価には試作機を使用。製品版ではハード/ソフトの仕様が変更される可能性がある
http://www.iodata.jp/

対応システム●OS X 10.5.3以上 対応機種●Core 2 Duoを搭載したiMac、MacBook、MacBook Pro サイズ●幅98×奥行き92×高さ25mm 重さ●120g

【COMMENT】
AC電源が不要なので、MacBookと一緒に持ち歩き、アンテナをつなげばどこにいても地上デジタル放送が楽しめる。


 「GV-MACTV」は、モニター一体型Macで利用できる地上デジタル放送専用のテレビキャプチャー機器。

GV-MACTV
B-CASカードは「GV-MACTV」本体裏にセットするため目立たない。インターフェースはUSB端子とアンテナ端子のみというシンプルな構成で、電源アダプターは不要だ

 電源はUSBバスパワーで供給されるので、ACアダプターなしで使用できる。地デジを視聴するために必須の「B-CASカード」も本体内に収められる。なお、地デジ対応アンテナは別途用意する必要がある。

 セットアップは簡単で、付属する視聴ソフトをインストール後、テレビアンテナ線を接続した本体をUSBケーブルでつなぐだけ。初回起動時にはチャンネル設定ダイアログが表示され、視聴地域をセットするだけで自動的にチャンネルをスキャンしてくれる。

 視聴ソフトでは、テレビウィンドウに番組が表示される。

GV-MACTV
メニューパネルのチャンネルを開いて好みの番組を視聴/録画できる。ウィンドウの一番右には電波強度も表示される

 視聴画面は、標準/最大/最小/フルスクリーン──のいずれかに切り替えられ、字幕表示にも対応。画面をマウスで直接クリックするとメニューパネルが表示され、チャンネルの切り替えや音量調節、録画などを操作できる。

GV-MACTV
予約確認パネルで現在の予約状況を確認できる。予約を取り消す場合は項目を選んで「delete」キーを押せばいい

 「番組表」ボタンをクリックすると、取得した番組情報が別ウィンドウで表示されるのも使い勝手がいい。もちろん番組表での視聴/録画予約も可能だ。

GV-MACTV
テレビ番組表で「予約」ボタンをクリックすれば視聴や録画を予約できる。ただし、スリープ時や視聴ソフトを起動していない状態では予約が実行されない

 番組は放送時の解像度のまま視聴/録画でき、ハイビジョン放送のクオリティーをMacで享受できる。

 そのほか、アップル純正の赤外線リモコンである「Apple Remote」を使って、メニューやチャンネルの切り替え、録画済み番組の再生──なども可能。まさにテレビ感覚で、Macで地デジを楽しめるのだ。


(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中