このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ぱそぢえ~3分で分かるPCの基本第12回

パソコンが「故障かな?」と思ったときのエラッタ知識

2008年10月10日 18時00分更新

文● 石井英男 漫画● 太田虎一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回のテーマは「エラッタ」。前回の「パソコンを速くしたい人のステッピング教室」同様、こちらもややマニアックな用語の解説だ。とはいえステッピングとも縁が深く、よく使う用語ではあるので、あわせて理解しておくとよいだろう。


CPUコアの不具合がエラッタ

 エラッタはCPUコアに存在する不具合(構造上の欠陥)のことで、ソフトウェアでいう「バグ」に当たる。CPUは設計時に入念にシミュレーションし、試作チップを作って動作を検証してから量産を開始するのだが、それでも後からエラッタが見付かることはある。

CPUに存在する不具合(構造上の欠陥)がエラッタだ

 ほとんどのエラッタは特殊な条件でのみ発生するため、システムに重大な不具合をもたらすことは少ない。だが、中にはシステムのクラッシュの原因となったり、正しい演算結果が出ないという深刻なエラッタも存在する。過去の有名なエラッタとしては「Pentiumの浮動小数点演算に関するエラッタ」というものが挙げられる。

 具体的には、このエラッタは「特定の条件で割り算を行なうと間違った結果になる」というものだった。当初インテルは、間違った結果が出てくる確率は相当低かったため大きな問題ではないとしていた。だが、その後ユーザーからの抗議を受け、結局は不具合がある全てのPentiumを無償で交換することとなったのだ。


BIOSアップデートによって修正できるエラッタもある

 通常の場合、エラッタはステッピング変更の際に修正される。それ以外の細かなエラッタは、マザーボードのBIOSをアップデートすることで修正されるケースもある。

起動時にBIOSから修正したマイクロコードを読み込むことで、エラッタを修正できる

 Pentium Pro以降のCPUは、通常の命令を「マイクロコード」と呼ばれるさらに細かな命令に分けて実行しているため、マイクロコードを修正することで不具合を解消できる場合がある。

 CPUには起動時にBIOSから修正したマイクロコードを読み込む機能が搭載されているため、BIOSをアップデートすることでエラッタが修正される場合もあるのだ。

 (次のページにつづく)

■キャラクター紹介

デコ

ど近眼。パソコンなどのデジものが大好きで、パーツ屋にもよく通っている。頭に耳のようなものがついており、メガネがどうなっているのかは謎。


アコ

ど天然。デジものはすべて間違ったスイッチを押すと爆発するものと信じている。「よく食べ、よく遊び、よく眠る」を信条とする健康優良少女。


前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン