このページの本文へ

アップル、Mac版/Windows版の「iTunes」をバージョン8.0.1にアップデート

iTunesの安定性とパフォーマンスが向上!!

2008年10月03日 21時14分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は3日、Mac/Windows版の「iTunes 8.0.1」を公開した。同社のウェブサイトや「ソフトウェア・アップデート」経由(Windowsでは「Apple Software Update」)で入手可能だ。

iTunes iTunesのアップデート後は再起動が必要だ。対応システムは、Mac OS X 10.4.9以上またはWindows XP SP2/Vista

iTunes 8.0.1」のMac版では、安定性とパフォーマンスの向上のほか、新規Geniusプレイリストの作成時の楽曲のシームレスな再生、iPod nanoへの読み上げメニューの同期機能の向上、ダウンロード時にHD TV エピソードが削除される問題の解決、App Storeからのアップデート確認機能の向上、VoiceOverを使用したユーザー補助機能の向上、iPodへのGeniusの結果の同期で生じる問題の解決、といった修正が提供されている。


また、同時にWindows用の「MobileMe Control Panel 1.2」へのアップデートも公開されている。

MobileMe Control Panel 1.2 MobileMeによる連絡先/カレンダー/ブックマークといった情報の同期に関するアップデートが行われている。対応システムは、Windows XP/Professional SP2/Windows Vista SP1以降だ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中