このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ハンドルだけじゃない、実力も最高峰

「最速のレッツ」Let'snote F8の実力を試す

2008年10月06日 09時30分更新

文● 石井英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Let'snote F
ハンドルがクローズアップされることの多い「Let'snote F」だが、Let'snote史上で最高性能という点にも注目したい

取っ手が付いた「F」シリーズが登場


 パナソニックの「Let'snote」シリーズは、軽くて、丈夫で、バッテリー駆動時間が長いという三拍子揃ったモバイルノートパソコンとして高い人気を誇る。同シリーズでは、さまざまなユーザーのニーズに応えるために4つのラインアップを用意してきた。

4モデル
写真左より、14.1型液晶でDVDスーパーマルチドライブ搭載の「Let'snote Y」、12.1型液晶でDVDスーパーマルチドライブ搭載の「Let'snote W」、12.1型液晶搭載の1スピンドル機「Let'snote T」、10.4型液晶搭載の1スピンドル機「Let'snote R」
Let'snote F
Let'snote F

 もともと、Let'snoteはRからスタートしたのだが、次第に製品ラインナップを増やしてきた経緯がある。今回の秋冬モデルでは、14.1型ワイド液晶ディスプレーとDVDスーパーマルチドライブを備えた「Let'snote F8」(以下F8)というシリーズを追加した(関連記事)。

 F8のいちばんの特徴は、可動式ハンドルの採用でグッと持ち運びやすくなったということ(ハンドルについてはこちらの記事が詳しい)。また、従来、Let'snoteで最も仕様が充実していた「Y」シリーズを超えるスペックを実現したというのも目玉のひとつだ。

引き出し前 引き出し後
Let'snote Fのハンドルは可動式になっており、持ち運ぶときに引き出して使う
本体サイズの比較 天板部分
春モデルであるLet'snote Y7(左)とLet'snote F8(右)。本体サイズはそれほど変わらない左がLet'snote Y7。右がLet'snote F8。F8は、天板のデザインが変更されている
前面 背面
前面背面

 最新モデルで最高性能ということは、Let'snote史上でもいちばん速いということになる。今回はそんな「最速のレッツ」であるF8の実力を確かめるべく、ベンチマークテストを実行してみた。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART