このページの本文へ

RXの堅牢性を受け継いだカジュアルモバイル

カラフルデザインのdynabook NX

2008年09月29日 13時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「グラマラスブラック」 「ロータスピンク」 「ノーブルホワイト」
「dynabook NX」のカラバリ。左から「グラマラスブラック」「ロータスピンク」「ノーブルホワイト」

 東芝から12.1型ワイド液晶ディスプレーを搭載したモバイルノート「dynabook NX」が登場する。鮮やかな3色のカラバリが目を引くが、同社の「dynabook SS RX」シリーズで培った堅牢性と環境に配慮した設計も特徴だ。

 堅牢性では100kgfの面加圧テストや100ccの浸水テスト、75cmの高さからの落下テストをクリア。環境面では最大11.5時間駆動が可能な低消費電力や「RoHS」「J-Moss」といった環境規制に適合している。

 CPUにCore 2 Duo SU9300(1.20GHz)を採用し、2GBメモリー、DVDスーパーマルチドライブを搭載。ディスプレー解像度は1280×800ドットだ。

 予想実売価格は、128GB SSDを内蔵する上位機種「NX/78GBL」(カラーはグラマラスブラックのみ)が30万円前後、160GB HDDを内蔵する「NX/76GBL」(グラマラスブラック)、「NX/76GWH」(ノーブルホワイト)、「NX/76GPK」(ロータスピンク)が20万円前後。10月下旬発売予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン