このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

秋の夜長のゲーム三昧 ― 第5回

「Wii」のゲームはコレをやれ!

2008年10月05日 20時00分更新

文● 内田幸二、佐藤ポン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「秋の夜長のゲーム三昧」特集の最後を飾るのは、世界でも据え置き型ゲーム機の覇者となっている任天堂「Wii」。従来の標準コントローラーから離れたリモコン型コントローラーを使い、これまでとはひと味違うゲームシステムを構築するWiiの、この夏に出たタイトルを紹介していこう。

Wii
国内だけでなく、世界でもXbox 360を抜いて据え置き機の覇者となっている「Wii」。これからの展開は!?

据え置き型ゲーム機の新たな可能性を見せる「Wii」

 ゲーム業界の中心が、携帯ゲーム機になってしまった昨今。2008年度上半期の販売台数の割り合いを見ると、ニンテンドーDSが27.3%(約132万台)、PSPが33.5%(約161万台)と、約60%を携帯ゲーム機が占めている。そんな中で、据え置き型ゲーム機で気を吐く存在なのが、Wiiである。2008年度上半期の販売台数は24%(約116万台)と、PS3の7.5%(約36万台)、Xbox 360の3.3%(約16万台)を遙かにしのぐ販売台数をほこり、家庭用ゲーム機では他を圧倒する独走状態となっている。

 その証拠とも言えるのが「WiiSport」と「WiiFit」の売れ行きだ。共に、ミリオンセラーをゆうに超え、「WiiSport」は300万台突破、「WiiFit」も250万台を超える記録的ヒットとなっているのだ。また、今年の4月10日に発売された「マリオカートWii」も、200万本に迫るセールスを記録しているなど、各タイトルともに発売後ランキングを落とすことなく、常に売れ続けているため、異常ともいえる人気が伺える。ただし、上記のタイトルは全て任天堂から発売されたタイトル。発売から2年近くが経とうとしている今、サードパーティーからこれらに匹敵する販売本数を叩き出すタイトルが出てくることを期待したい。

 年末のラインナップでの注目は何といっても、10月16日発売予定の「WiiMusic」だ。「WiiSport」や「WiiFit」に続くWiiならではの音楽体感ソフトで、ゲームとはひと味違う体験を家庭にもたらしてくれる。また、11月以降はゲームキューブやニンテンドーDSで爆発的な人気を誇る「どうぶつの森」の新作「街へいこうよ どうぶつの森」(11月20日発売予定)や、通信カラオケソフトの「カラオケJOYSOUND Wii」(12月18日発売予定)など、息の長い売れるタイトルが数多く揃う年末になりそうだ。

ここ6週間のWii 週間販売台数と累計販売台数

販売週 販売台数(推定) 累計販売台数(推定)
8月18日~8月24日 3万6038台 673万9874台
8月25日~8月31日 3万4963台 677万4837台
9月1日~9月7日 3万1390台 680万6227台
9月8日~9月14日 2万8272台 683万4499台
9月15日~9月21日 2万8159台 686万2658台
9月22日~9月28日 2万5766台 688万8424台

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社