このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

世界最軽量の14.4インチワイド+2スピンドルノートPCを眺め倒してみる

写真で分かった! Let'snote F8はここが「買い」

2008年09月25日 17時00分更新

文● 盛田 諒/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

脱・小脇! モバイルノートの新トレンドは「ハンドル」?

松下電器産業のノートパソコン「Let'snote」シリーズとしては4年ぶりの新ラインとなる「F8」。本体下部に折りたためるハンドルがついており、カバンいらずでひょいっと持ち運べる。10月17日発売で、実売価格は29万円前後の見込み

 ノートパソコンを小脇にかかえて歩いているとき、ちょっとしたはずみで落としてしまい、「ああっ! 仕事の大切なデータがっ!!」と相当ビビった経験があるのはぼくだけじゃないはずだ。

Let'snote F8

 松下電器産業が25日に発表した14.1型ワイドモデル(1440×900ドット)のノートパソコン新製品「Let'snote F8」には、そんなドキドキ感をどうにかしてくれる工夫がある。

 それはパームレスト手前に取り付けられた「ハンドル」、要は折りたたみ式の取っ手だ。ビジネスシーンはもちろん、家の中などで持ち運ぶときにも活躍してくれるだろう。

 性能面でも目新しい。従来のLet'snoteシリーズで最も高スペックなモデルは14.1型モデル(1400×1050ドット)の「Let'snote Y」シリーズだったが、Fはより性能を高めている。

 特に注目なのはCPUだ。従来Let'snoteでは低電圧版/超低電圧版を採用してきたが、Fでは通常電圧版の最新プロセッサー「Core 2 Duo SP9300」(2.26GHz)を搭載した。チップセットはIntel GS45 Express、メモリーは標準で2GB、HDDも160GBと必要十分で、おまけにDVDスーパーマルチドライブも積んでいる。

 それでも重量は約1.63kgと軽量性をキープし、バッテリー駆動時間も約9時間と長時間だ。さらに今までのLet'snoteと同様に「キーボード防滴」「76cmの高さから落下しても平気」「100kgf加圧振動試験クリア」の堅牢性も維持した。

 モバイルマシンの3大条件「軽くて、丈夫で、バッテリー長持ち」をシッカリと兼ね備えた、持ち歩かれるために生まれてきたマシンという作りになっている。次のページでは、F8を発表会で撮ってきた写真でじっくりと見てみることにしよう。

Let'snote F8の主なスペック
型番 CF-F8
CPU Core 2 Duo SP9300(2.26GHz)
チップセット Intel GS45 Express
メモリー 2GB
HDD 160GB
ディスプレー 14.1型ワイド 1440×900ドット
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
無線通信機能 IEEE802.11a/b/g/n
本体サイズ 幅326×奥行き251×高さ48.5mm
重量 約1.63kg(バッテリー含む)
バッテリー駆動時間 約9時間
OS Windows Vista Business SP1
予想実売価格 29万円前後

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン