このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

「安い」だけじゃない! ここまで使える「低価格サーバー」活用術

驚愕の1万円台! 低価格サーバーの実力を探る

2008年09月25日 07時00分更新

文● ネットワークマガジン編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

中小企業や大企業の部門単位を中心に超低価格のサーバーが人気を集めている。最小構成では1万7000円程度という驚愕のキャンペーン価格も飛び出す「超低価格サーバー」の実力を探ってみよう。

本記事はネットワークマガジン 2008年5月号掲載の特集記事に一部加筆修正して転載したものです

超低価格サーバーの人気機種

110Ge
NEC Express5800/110Ge
ML115
HP ProLiant ML115

 超低価格サーバーの分野で、特に人気を集めているメーカーがNECと日本ヒューレット・パッカード(以下、HP)だ。NECのExpress5800/110Ge(以下、110Ge)は通常価格が3万4650円のモデルを1万7325円に(9月26日まで)、HPのProLiant ML115(以下、ML115)は4万6800円のモデルを1万6800円に(10月28日まで)、というように積極的なキャンペーンを頻繁に展開している。

 110Geの1万7325円というモデルは、CPUにシングルコアのインテルCeleron 430(1.80GHz)、ECC付きのメモリーを512MB搭載しており、HDDはオプションとなっている。一方、ML115の1万5750円のモデルは、CPUにシングルコアのAMD Athlon LE-1640B 2.7GHz、ECC付きのメモリーを512MB、160GBのシリアルATA HDDを搭載する。

 上記のスペックは、大企業の部門やSOHOでのファイルサーバー用途などには十分なものだ。また、必要に応じて110GeもML115もデュアルコアCPUを選択できるほか、大容量のHDDを複数搭載したり、RAID構成も選択できる。いろいろとカスタマイズしたり、パーツを追加すると金額がかさんで割安感が薄れるが、それでも他の製品と比べてお得なのは間違いない。

NEC得選街 HP Directplus
NECのビジネス向けPCショッピングサイト「NEC得選街」日本HPの直販サイト「HP Directplus」

(次ページ「保証付きで自作サーバーより安く」に続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ