このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Touch Diamond徹底解剖 ― 第8回

3ヵ月で100万台売れたモンスターケータイ

Touch Diamond 海外でバカ売れの実力は?

2008年09月20日 02時44分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Touch Diamond
HTCの大ヒットスマートフォン。発売から3ヵ月で100万台売れたという

 「Touch Diamond」(S21HT)は、イー・モバイルが10月10日に発売する、Windows Mobile 6.1搭載スマートフォンだ。

 わずか98g、厚さ11.9mmのコンパクトなボディーに、タッチパネル対応の2.8型液晶ディスプレー(480×640ドット)や豊富な無線機能(HSDPA、IEEE 802.11b/g、Bluetooth2.0+EDR)、GPS機能などを搭載。

 タッチ操作を生かしたインターフェース「TouchFLO 3D」だけでなく、使い勝手をよくするための細かな工夫が随所にちりばめられているのが特徴だ。今回一足早く開発機に触ることができたので、早速その「おもてなし」ぶりをチェックしていこう。


国内最薄、最軽量のスマートフォン


 何と言っても目を引くのが、その薄さと軽さだ。スマートフォンというとボテッとしたイメージが強いが、Touch Diamondは国内のスマートフォンで最薄最軽量をうたう。普通の携帯電話と比較してもコンパクトな方で、サイズ感はドコモの「PRADA Phone by LG」「FOMA N906iμ」とほぼ同じと思っていい。薄さはソフトバンクのiPhone 3Gよりわずかに(0.4mm)薄い程度だが、実際に持ってみるとひとまわり以上小さく感じる。

iPhoneと比較
iPhoneと比較

 白状するが、展示会場での試用中、あまりのコンパクトさゆえ、手から何度も落としそうになった。しかし、本体にストラップを取り付けられるので心配はない。ストラップの取り付け方法はちょっと変わっていて、背面カバーを取り外してひもを引っかけるだけでしっかり固定される仕組みだ。従来のように穴に通してぐるりと縛るやり方よりも簡単だし、ストラップを付けたときの根元付近もスッキリとしていて好感が持てる。

ストラップ取り付け口
本体下部。USB端子の右側の突起にストラップを取り付ける

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART