このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

NetBookは解像度がキモ!ギガバイト M912X

2008年09月18日 10時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ギガバイトの「M912X」は、同社のミニノート「M」シリーズ第2弾となる製品だ。従来のスライドタイプの「M704」とは打って変わって、画面を表向きに折りたためるコンバーチブルスタイルを採用した。通常のノートPCと同じスタイルに加え、ピュアタブレットのようなスタイルでも利用できるのが特徴だ(関連記事)。

 インテルの低消費電力CPU Atom N270 (1.6GHz)を搭載するほか、8.9型ワイド液晶ディスプレーや大容量HDD(160GB)を備えるなど、低価格のAtomノートとしては基本スペックも比較的高い。

 何と言っても注目なのは、一般的なNetBookの約1.6倍もの表示領域を持つ1280×768ドットの解像度だ。そこで今回はウェブの閲覧しやすさを中心に、M912XのNetBookとしての可能性や使い勝手を探ってみたい。

M912X
「M912X」。タッチパネル式のため、輝度はやや低め。ディスプレイの上部に130万画素ウェブカメラを搭載
左側面 右側面
タブレットスタイルにしたところ 携帯に便利な専用のカバンが付属する。ACアダプターは小型で電源ケーブルも細めのタイプ
画面をクルリと回転させて折り返すとタブレットスタイルになる。スタイラスペンは画面上部に収納されている携帯に便利な専用のカバンが付属する。ACアダプターは小型で電源ケーブルも細めのタイプ
機種名 M912X
液晶
ディスプレー
8.9型ワイド(1280×768ドット)
CPU Atom N270(1.6GHz)
グラフィックス GMA950(インテル945GSE Expressチップセット内蔵)
メモリー 1GB(最大2GB)
HDD 160GB
無線機能 IEEE 802.11b/g、Bluetooth 2.0+EDR
インターフェース USB 2.0×3、SDメモリーカードスロット、
ExpressCard/34スロット、アナログRGB出力
OS Windows XP Home Edition SP3
バッテリー
駆動時間
公称約3.5時間(4セル)
本体サイズ 幅235×奥行き180×高さ42mm(最薄部28mm)
重量 約1.3kg
九十九電機での販売価格 7万9800円

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART