このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第69回

子猫の「かふか」――箱が大好き!

2008年09月17日 23時45分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
箱があるとまず入ってみる「かふか」。箱を奪いにきた「大五郎」(右下)(2008年9月撮影 ニコン「D300」)

 言うまでもないことだが、猫というものは箱が大好きである(関連記事)。前後左右を壁に囲まれていると安心するのか、狭いところがあると入ってみたくなるらしい。

 そんな姿をみかけたらすかさず撮るべし。

 先日、猫が集まる公園に遊びにいったら、猫の世話をしてる人が「猫のおやつを箱買いしました」と箱を出してきたのである。そうしたら、いつのまにかこんなことに。

無理してもキミはその箱に入れないからっ
無理してもキミはその箱に入れないからっ(2008年5月撮影 ソニー「Cyber-shot H50」)

 あきらかに無理なんだけど、野良猫でも箱があったら入ってみたくなるらしい。何匹かの猫が、入れ替わり立ち替わり箱と戯れにやってくるのはなかなか壮観。

 猫が入りたがる対象は箱のみにあらず。ある日、ガサガサと音がしたと思ったら、「大五郎」がレジ袋に顔を突っ込んだまま目隠し状態で歩いてるっ。わはははは。これはおかしかった。

レジ袋に顔を突っ込んだ大五郎
レジ袋に顔を突っ込んだ大五郎(2007年2月撮影 カシオ「EXILIM EX-V7」)

 レジ袋に匂いでもついていたのか。奥まで顔を入れたいのだが、顔を入れようとするともちろん袋ごと自分が前に進んで、いつまでたっても奥には行けないのである。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART