このページの本文へ

パナソニック、初のマイクロフォーサーズ採用のデジタル一眼カメラ「DMC-G1」を発表

女性向けの最小&最軽量の一眼デジカメ

2008年09月13日 17時45分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は12日、マイクロフォーサーズ規格を初めて採用したデジタル一眼カメラ「DMC-G1」を10月31日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、実売価格はボディーが8万円前後、標準ズームレンズ「LUMIX G Vario 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」が付属するレンズキット「DMC-G1K」が9万円前後、標準ズームレンズと「LUMIX G Vario 45-200mm F4-5.6 MEGA O.I.S.」をセットにしたダブルズームキット「DMC-G1W」が12万5000円前後の見込み。

有効1210万画素Live MOSセンサーを搭載した「DMC-G1」は、コンパクト化と初心者にも使いやすいインターフェース/機能を備えた新しいデジタル一眼カメラだ。

DMC-G1
コンフォートブラック、コンフォートレッド、コンフォートブルーという3色のカラーバリエーションを用意している点もデジタル一眼としてはユニーク

マイクロフォーサーズ規格への準拠によるレンズのスリム化、ミラーレス構造の採用などによって、可動式液晶モニターを搭載するレンズ交換式デジカメとして、世界最小/最軽量を実現。撮影時は、ライブビュー中にプレビューを確認しながら、色の調整/フィルムモードの選択/ホワイトバランス調整が可能。ほかにも、絞りとシャッタースピードを確認できるプレビューモードなど、初心者でも仕上がりを確認しながら撮影できる機能を多数搭載する。また、同社のコンパクトデジカメでも採用されている自動でシーンを判別する「おまかせiA」も搭載する。

DMC-G1 DMC-G1 DMC-G1
女性向けの製品らしいコンパクトさを実現。使用時も臆することなく撮影を楽しめる工夫が随所に見られる

一眼レフカメラの位相差検出方式のAFに劣らないスピードを誇るコントラストAF方式を採用。シャッター速度は60秒〜4000分の1秒。ISO感度は100~3200。背面液晶ディスプレーは3.0インチ(約48万ドット)、記録メディアはSDまたはSDHCだ。

本体サイズは幅124×奥行き45.2×高さ83.6mmで、重量は約385g(本体のみ)。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中