このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第68回

デブ猫、モップ猫 夏冬ビフォーアフター

2008年09月10日 21時29分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
猫よけペットボトルにほとんど意味なし。塀の上、ペットボトルの向こうで涼んでいる住宅街猫(2008年8月撮影 リコー「GX200」)

 さて夏が終わったのである。夏といえば猫がへちゃーとなる季節。

 あるとき、いつもの公園に遊びに行ったら、木陰で涼んでる見慣れない猫がいる。あれ? また心ない飼い主に捨てられたかどこかから迷い込んだか、いつも猫の世話をしてる人に「見慣れない猫がいるよ」と声をかけたら「え? あれ、モップちゃんだよ」。

 モップちゃんというのは長毛で貫禄があるけど、人を怖がって近付かない猫。長毛種だから「モップ」と名付けられたらしい。名付け方がいい加減でいい。

 そこで冬毛のときの写真を引っ張り出して比べてみた。

夏毛のモップちゃん
夏毛のモップちゃん(2008年8月撮影 リコー「GX200」)
冬毛のモップちゃん
冬毛のモップちゃん(2008年2月撮影 キヤノン「IXY DIGITAL 20IS」)

 確かに、確かにこうして並べてみると同じ猫だ。同じ猫なんだけど、雰囲気が全然違うー。

 びっくりである。特に首筋のあたり。冬はふさふさしててすごくカッコいいのに 夏は散髪屋帰りのようにすっきりして可愛くなってしまった。 こんなに変わっちゃうものだとは、ちょっとびっくり。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART