このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

こんなに進化したブレードサーバー

押さえておきたい! 「ブレードサーバー」の基礎知識

2008年09月01日 14時00分更新

文● ネットワークマガジン編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「初期導入コストが高いのではないか」、「特別なフォームファクタだから、扱いが難しいのではないか」。このような理由で、ブレードサーバー導入に二の足を踏むユーザーが多いと聞く。だがブレードサーバーはハイペースで進化を続けており、上記の理由は、もはや当てはまらない。各社の最新製品で、その点を確認してみよう。

本記事はネットワークマガジン 2007年12月号掲載の特集記事に一部加筆修正して転載したものです

HP c3000
HPのc3000エンクロージャー。6Uサイズで、8台までのブレードサーバーを搭載できる
HP BL460c
HPのBL460c。主力となるハーフハイトのブレードサーバーだ

 ブレードサーバーは、CPUやメモリ、HDDなど一般的なサーバーと同等の部品を小型の筐体に搭載し、この筐体を「シャーシ」「エンクロージャー」と呼ぶケースに収めるタイプのサーバーだ。タワー型、ラックマウント型に続くサーバーの第3のフォームファクタ(形状)として注目を集めている。ちなみに「ブレード(Blade)」という名称は、初期のブレードサーバーの形状が刃のように薄くて細長かったことに由来する。

 ビジネスの拡大にともない、企業が使用するサーバーの台数は増加し、また設置場所もあちこちに分散してしまう傾向にある。これにより、IT管理者の負担増や管理コストの上昇といった問題が生じている。また、近年の企業統治という概念の広まりにより、サーバーのように重要な機器は1カ所でまとめて統合管理したいという需要が出てきた。

 限られたスペースで大量のサーバーを効率よく管理し、なるべく消費電力も抑えたい。現在のブレードサーバーは、このような要求に応えるための製品といえる。

 初期のブレードサーバーは「スケールアウト」、すなわちサーバーの台数を増やすことに重点をおいており、1Uのラック型サーバーと同等のスペースに6~8枚ものブレードを搭載できる製品もあった。その代わり1台あたりのサーバーの性能や拡張性は限られていた。

 その後ブレードサーバーの筐体は大型化し、ラック型のサーバー並みの部品を組み込めるようになってきた。また同時期にCPUのワットあたりの性能が向上するとともに、デュアルコア、クアッドコアといった高性能なCPUもリリースされ、これらがブレードサーバーにも搭載できるようになったことで、単体の性能は大幅に向上した。

(次ページはブレードサーバーの利点について)

前へ 1 2 次へ

ピックアップ