このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

SUPER GTに痛車が参戦! 初音ミクZ4密着レポート ― 第3回

初音ミクが鈴鹿を爆走 ! 伝統の鈴鹿サーキットでデビュー!

2008年08月22日 15時51分更新

文● 末岡大祐/Webアキバ編集部 レース写真/加藤智充

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いつでもいける、スタンバイ(出走準備)OK───

初音ミクZ4

 うおおお! ついに! ついに痛車が公式の場でデビュー! やはりクルマは走ってなんぼ。走る初音ミクZ4の姿は、なんと逞しくて力強く、華々しくて繊細、そして美しいのだろうか。とにかく、何も言わずに見て欲しい。

 まだ練習走行が終わっただけなので、ラップタイムはまだこれからという感じだが、あの短期間でマシンを仕上げたメカニックに敬意を表したい。先週取材したとき(関連記事)は、ボディにエンジンしか載っていなかったのだから。練習走行と予選で何ごとも起きませんように! とみんなで祈ろう。

 今回は練習走行の風景と、初音ミクZ4を駆る「Studie & GLAD with AsadaRacing」のドライバー2人を紹介するぞ。

初音ミクZ4 初音ミクZ4
ピット前での1コマ。ちなみに隣のピットはライトニングマックイーン号(Cars)なので、日米痛車対決だ! ってちょっと違うかスポンサーステッカーが増えて、レーシングカーらしくなりました。サーキットでも違和感あ……るかな?
初音ミクZ4 初音ミクZ4
ボンネットのミクがまぶしい走行シーン。何万人もの観客がこの勇姿を見るわけですな!ボディ形状やリアウィングの位置などは、レギュレーション上の特例措置がとられている
初音ミクZ4

(次のページへ続く)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社