このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

-「YOKOSUKA軍港めぐり」乗船記-

嗚呼、栄光の横須賀軍港

2008年08月17日 20時00分更新

文● 岡野 裕

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

軍港めぐりもフィナーレへ

 そろそろ軍港めぐりも終わりが近づく。長浦港には海上自衛隊以外の船の姿もあり、海上保安庁の巡視船も並んでいた。近くには世界最大の現役木造艦といわれる掃海艦「はちじょう」(MSO-303、第51掃海隊所属)の姿もあった。

巡視船と「はちじょう」 海上保安庁の巡視船と、掃海艦「はちじょう」

 長浦港を後にし、今度はベースを右手に見つつ出発地へ戻る。帰り道でも様々な船の姿を見ることが出来た。

「かいれい」 海洋研究開発機構(JAMSTEC)の深海調査研究船「かいれい」
帆船 遙か遠くに見える帆船
三笠 クルーズも無事終了。「三笠」の雄姿がお出迎え

 約1時間の行程だったが、全く息をつく暇もないほどに盛り沢山の内容だった。これで運賃1200円はお得としか言い様がないだろう。
 今回の三笠桟橋発のクルーズは8月一杯で終わりだが、9月からは汐入(ヴェルニー公園の近く)からの軍港めぐりが行われるそうだ。興味のある方は是非、足を運んで貰いたい。きっと満足できるはずだ。

「シーフレンドV号」 今回乗船した「シーフレンドV号」。本当に楽しいクルーズでした。大満足!

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社