このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第61回

猫写真をレタッチしよう―傾き補正とトリミング編

2008年07月16日 16時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
タイミングはばっちりだったのに……
ベンチでボリボリの瞬間……とっさにカメラの位置を低くしてシャッターを切ったが、傾いて撮れてしまった

 猫を撮るには細かいセッティングよりタイミングが命……ということはよくあるわけで、そんなときは、ブレやピンボケにだけは気をつけて、あとは「撮って」から修整する……という割り切りも大事だったりする。

 今回はそんなレタッチの第2弾(関連記事)。まずは「傾いちゃった」を直す。使うソフトは「Photoshop Elements 6.0」だ。

 液晶ディスプレーを見ながら撮る場合、特にローアングルやちょっと斜めから撮ったりすると、カメラが傾いてたせいで写真も傾いてしまった、ということがよくある。

 こういうときは「傾き補正ツール」。画面上に線を引くと、その線が水平になるように自動的に傾きを補正してくれるツールだ。ソフトによって機能は違うけれども、写真をレタッチするなら微妙な角度の補正ができるものを選ぶことをお薦めする。

傾き補正のやり方1 傾き補正のやり方2
まずは画面左側の「傾き補正ツール」を選択水平の基準にしたい部分(この場合は木のテーブル)に線を引く

 写真の中に基準となるものがあると指定しやすい。この場合は後ろの木のテーブル。テーブルが水平になるよう線を引くと、自動的に画像がちょっとだけ回転して、まっすぐにしてくれる。

 そうしたら次はトリミング。傾きが直った写真に対して「トリミングツール」で使いたいところを四角く切り取る。

トリミングのやり方1 トリミングのやり方2
「トリミングツール」を選択切り抜きたい部分を四角く囲む。囲う部分の縦横比を設定することもできる

 これで完成。

完成!
猫が大きくなるよう思い切ってトリミングした。傾きも直っている

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART