このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

AMDイベント

AMD、納涼祭り開催! Radeon好調の理由とは?

2008年07月13日 23時58分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日お伝えしたように、本日CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原」にて、AMD主催のアキバイベント「納涼 AMD祭り」~あなたに逢いたい 壱寺(いちてら)の夏 羅電穏(らでおん)の夏~が開催された。
 業界初の1テラフロップス超えを実現した新しいグラフィックス・チップセット「ATI Radeon HD 4800シリーズ」の紹介や搭載プラットフォームの利用例などが紹介された。

「納涼 AMD祭り」 会場内
本日CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原」にて、AMD主催のアキバイベント「納涼 AMD祭り」~あなたに逢いたい 壱寺(いちてら)の夏 羅電穏(らでおん)の夏~が開催された

「ATI Radeon HD 4800シリーズ」一色!

会場内 デモ機 デモ機
イベント会場では、リリース以来好調な売れ行きを続ける「ATI Radeon HD 4800シリーズ」の展示一色
デモ機 デモ機 スペック
コードネーム「PUMA」と呼ばれるモバイル向けの新チップセット「AMD M780G」搭載ノートPCの展示

 イベント会場では、リリース以来好調な売れ行きを続ける「ATI Radeon HD 4800シリーズ」一色となっていた。ビテオカード単体はもちろん、パートナー各社の「ATI Radeon HD 4800シリーズ」搭載PCや、コードネーム「PUMA」と呼ばれるモバイル向けの新チップセット「AMD M780G」搭載ノートPCが複数展示されていた。なお、「AMD M780G」プラットホームについては「安価なノートでも快適なHDビデオ生活到来」に詳しいので、そちらを参照していただきたい。

3000匹のカエル!?

 アキバで高い人気を誇る「ATI Radeon HD 4800シリーズ」についてAMDの“紳士”こと森本竜英氏が解説を行なった。
 森本氏は、前シリーズの「HD 3800シリーズ」からプロセスルールを55nmへ変更したことに加えて、今回の「HD 4800シリーズ」ではさらにGDDR5の採用(HD 4870のみ)やシェーダーの数を大幅に増やすなどにより、性能を向上させることができたとした。また、55nmのプロセスルール採用により他社のGPUに比べ、ダイサイズを小さくすることができ、省電力で適正価格である点も特徴と語った。とくに同価格帯のGPUと比べ性能は「ブッチギリです」とアピール。今後のロードマップとしては近々「R700」をお披露目できる予定とした。

スライド スライド スライド
前シリーズの「HD 3800シリーズ」からプロセスルールを55nmに変更したことに加え、今回の「HD 4800シリーズ」ではGDDR5の採用(HD 4870のみ)やシェーダーの数を大幅に増やしたことも性能向上につながっているという
スライド スライド スライド
同価格帯のGPUと比べ性能は「ブッチギリです」とアピール。今後のロードマップとしては近々「R700」をお披露目できる予定とした

 また、タイトルにもあるように「3000匹のカエル」と題して「HD 4870」を使用して3000匹のカエルのAiシミュレーションデモを実施。すべてのカエルが独自に考え、独立して動くシミュレーションで、行動や描写にはGPUが使用されているという。また、DirectX 10.1のテッセレーション機能を使用することにより、クリエーターは自身で細かいワイヤーフレームを製作しなくても、このカエルのようなグラフィックを作れるなど「HD 4800シリーズ」のパワーと優位性をアピールした。

スライド スライド スライド
すべてのカエルが独自に考え、独立して動くシミュレーションで、行動や描写にはGPUが使用されているという
スライド スライド スライド
DirectX 10.1のテッセレーション機能を使用することにより、クリエーターは自身で細かいワイヤーフレームを製作しなくても、このカエルのようなグラフィックを作れる

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

デル株式会社