このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

写真で見るacerミニノート「Aspire one」

2008年07月10日 19時28分更新

文● 小浜雅胤/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 各社から続々と発表されるAtom搭載の低価格ミニノート。Acerが8月中旬に発売予定の「Aspire one」もそのうちの1つだ。

Aspire one
Aspire one

 Aspire oneのウリはコストパフォーマンスの高さ。CPUはAtom N270(1.6GHz)、1GBメモリー、120GB HDD、8.9インチ液晶ディスプレー(1024×600ドット)と、最近のNetbookのトレンドを押さえつつも、価格は5万4800円。メタリックカラーの外装は、成形同時加飾転写システム「Nissha IMD」を用いたもの。ケータイなどでも広く採用されている日本写真印刷(株)によるものだ。手に持ってみると質感の高さがうかがえる。

 ここでは、発表会で展示されていた試作機のフォトレポートをお送りする。

Aspire one Aspire one
カラーバリエーションはメタリックなブルーとホワイトの2色。OSはWindows XP Home。重量は約1.1kg
Aspire one Aspire one
天板は深みのある色合いで質感が高いバッテリー駆動時間は約3時間
Aspire one Aspire one
USB 2.0端子は3つ。5in1カードとは別に、SDメディアカードスロットがもう一基あるのが珍しい
Aspire one Aspire one
ヒンジ部分のオレンジ色がデザイン上のアクセントになっている各種インジゲーター
Aspire one
試作機は英字キーボードだが、製品版は日本語88キーボードになる
Aspire one Aspire one
余裕のあるキーピッチで、タッチタイプもスムーズに行えるタッチパッドも大型だ

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン