このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Gから始めるモンハン狩猟生活講座・番外編 ― 第2回

モンハンファンのど真ん中で話を聞いてみた Vol.1

2008年06月30日 21時00分更新

文● 内田幸二、佐藤ポン、飯塚岳史/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モンハンフェスタに潜入してキター!

 トップハンターを競うために、全国からモンハン野郎(女史)が集結した「モンスターハンターフェスタ'08 決勝大会」(関連記事)。参加選手は、自らの腕で出場権を獲得した猛者なのは当然だけれども、それを見守る観客側も実はかなりの猛者なのである。

モンハン決勝大会

 実はこの決勝大会、完全招待制で「ちょっと行ってみようか?」なんてレベルでは入れないイベントなのだ。入場者数こそ800人と数字の上では多い気もするが、東京予選に集まった人数だけでも8000人以上はいたので、決勝大会に参加したくてウズウズしていたハンターたちは全国に計り知れない数が存在しているといえる。

 では、実際どんな人が決勝大会を観戦していたのだろうか? ASCII.jpでは決勝大会の当日、お客さん1人1人に話をうかがいながらアンケートを取ってきたので、その結果を紹介していこう。

イベント
ステージイベントが始まると、みんなステージに釘付けになってしまうため、アンケートに回答してもらうのは時間との勝負となった

フェスタ参加者はみんな歴戦のハンターたち

 観客側でも猛者達が集っているであろう「モンスターハンターフェスタ'08 決勝大会」。では、彼らはどれくらいの猛者なのだろうか? 「モンスターハンター」(以下、モンハン)シリーズでは、キャラクターの成長の要素がないため、一般的なRPGのようなレベルといった概念はない。そこで、ゲームの進行状況を表すハンターランク(HR)を聞いてみた。それが下記の表だ。

ハンターランク分布
決勝大会観戦に応募するくらいだから、アンケートに答えてくれたハンター達はかなりのモンハンファンであることを念頭に置いても、かなりのハマり具合であることが分かる

 平均HRは8.37と、決勝大会を観戦していたほとんどの人が最上位のHR9まで到達していた。筆者もHRは9まであがっているが、自分を例にとると、「MHP2nd」で約300時間、「MHP2ndG」でも200時間ほど遊んでおり、HR9に至るプレイ時間の合算は500時間ほど。
 実際には、プレイスタイル(多人数での協力プレイが中心とか)によってはもっと早く上がれるのだが、HR9までなると、やっぱりそれなりの時間がかかるものなのだ。なので、テクニックの差はあるだろうが、取り組みの姿勢は立派なG級ハンターばかり!


ギルドカードはあなたと私の交換日記

 ハンターとしての履歴や好きな武器などが赤裸々に明かされてしまう「ギルドカード」。協力プレイを行なったら必ず交換すると思われるこのカードの所持枚数も聞いてみた。こちらは数がばらけて、平均だと1人当たり14.84枚。もっとも多い人でも39枚で、一番少ない人は1枚だった。1枚の人は兄弟でMHP2ndGをプレイしており、2人でいつも遊んでいるとのこと。兄弟ともに1枚ずつお互いのカードを所持するなんて、なんかほほえましいモノを感じさせてくれた。

 ここで注目だったのは「1人でしか遊んだことがない」って人がいなかったこと。所持しているギルドカードが兄弟のモノだけというプレイヤーさんも、いつも2人でしか遊ばないのに楽しそうに狩猟生活の話をしているので、「モンハン」はやっぱり協力プレイなんだなと改めて感じた。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ