このページの本文へ

ブラザー、「ジャスティオ」シリーズ6製品を発表

自動両面印刷や無線LANを搭載したレーザー複合機

2008年06月25日 20時40分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ブラザー工業(株)は25日、ビジネス向けのレーザー複合機/プリンター「ジャスティオ」シリーズの新製品「MFC-9840CDW」「HL-4050CDN」を8月上旬、「MFC-7840W」を7月下旬、「MFC-7340」「DCP-7040」「DCP-7030」を7月上旬に発売すると発表した。価格はすべてオープンプライス。実売予想価格は、「MFC-9840CDW」が約13万円、「HL-4050CDN」が約6万円、「MFC-7840W」が約4万5000円、「MFC-7340」が約3万5000円、「DCP-7040」が約2万6000円、「DCP-7030」が約2万2000円。

MFC-9840CDW」は、自動両面プリント機能を搭載したカラーレーザー複合機でプリンター/コピー/カラースキャナ/カラーファクス/PCファクス──機能を備え、有線LANのほか無線LANにも対応する。「HL-4050CDN」は両面プリントが可能なカラーレーザープリンターで、有線LANによる共有が可能だ。

JUSTIO1 JUSTIO2
「MFC-9840CDW」(左)はカラーレーザー複合機で、両面カラープリント/両面カラーコピー/両面カラースキャン/両面カラーファクス/PCファクス/有線LAN/無線LAN/ADFなどの機能を搭載。「HL-4050CDN」(右)はカラーレーザープリンターで、両面カラープリント/有線LANなどの機能を搭載。いずれも印字スピードは20枚/分

コンパクトで高性能なモノクロレーザー複合機「MFC-7840W」は有線・無線LANに標準対応したモデル。「MFC-7340」は「MFC-7840W」からLAN機能を省いたモデル。「DCP-7040」はプリンター/コピー/スキャナー機能に特化し、大量の原稿を快適にコピーできるADF(自動原稿送り装置)搭載したモデル。「DCP-7030」は、機能をプリンター/コピー/スキャナーに絞ったシンプルなモデルだ。

JUSTIO1 JUSTIO2
モノクロレーザー複合機は、「MFC-7840W」(左上)がプリント/コピー/カラースキャン/カラースキャン/有線LAN/無線LAN/ADF、「MFC-7340」(右上)がプリント/コピー/カラースキャン/カラースキャン/ADF、「DCP-7040」(左下)がプリント/コピー/カラースキャン/カラースキャン/ADF、「DCP-7030」(右下)がプリント/コピー/カラースキャン──などの機能を備えている。いずれも印字スピードは21枚/分

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中