このページの本文へ

Dirac「Noah AT160-W/S/B」

Atom搭載の小型ベアボーン販売開始!

2008年06月21日 23時30分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル製Atom搭載マザーボード「D945GCLF」を組み込んだ小型ベアボーン「Noah AT160-W/S/B」がDiracから発売された。

「Noah AT160-W/S/B」 パッケージ
インテル製Atom搭載マザーボード「D945GCLF」を搭載するコンパクトなDirac製小型ベアボーン「Noah AT160-W/S/B」

 本製品は、最近のアキバで大人気となっているMini-ITXマザー「D945GCLF」を搭載する小型のベアボーン。ケースは同社が手がけるMini-ITXマザー用の人気ケース「NOAH」シリーズ。「D945GCLF」が品薄気味なのに加え、別途Mini-ITX用ケースを購入して自身で組み込む手間がないのが特徴だ。
 主なスペックは、サイズが202(W)×97(D)×273(H)mm、スチール製の内部は2.5または3.5インチサイズのHDDが1基搭載可能で、光学ドライブは薄型5インチに対応。標準で装備している側面の80mm角ファンは静音タイプ。電源として80WのACアダプターが同梱する。ラインナップはフロントパネルのカラーの違いにより、ホワイトの「Noah AT160-W」、シルバー「Noah AT160-S」、ブラックの「Noah AT160-B」の3種類となっている。アークにて2万3480円で販売中だ。

内部 I/O部
アキバで大人気の「D945GCLF」が品薄気味なのに加え、別途Mini-ITX用ケースを購入して自身で組み込む手間がないのが特徴

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中