このページの本文へ

2008年06月20日更新

楽天×まつもとゆきひろで世界はどう変わる? 中編

文●塩田紳二

プログラミング言語のために苦労するのはイヤじゃない

楽天×まつもとゆきひろ

―――Rubyでは「簡単さ」という特徴を全面に出していますよね。これまでそういうアプローチの言語は、あまりなかったのはないでしょうか。

まつもと:IBMの(レックス)という言語を開発したMichael Cowlishaw(マイケル・コリショウ)氏が次のようなことを言っていました。 「ある仕事を行なうとき、そのためにプログラミング言語を使う人とそのためのプログラミング言語を作る人の割合は、言語を作る人のほうが圧倒的に少ない。であれば、苦労すべきはプログラミング言語を作る人だ」。 これにすごく共感しました。Ruby開発でも、開発者である自分が楽をするために、何十万人というユーザに手間などを押しつけてはいけないと思っています。

森:まつもとさんには、言語開発者ならではの苦労があるんですね。

まつもと:幸いなことに、僕はプログラミング言語が好きで、プログラミング言語のために苦労することはイヤじゃない。むしろ、大きなチャレンジができてうれしいと思っています。これまで作られてきたプログラミング言語も、開発者側の都合によってユーザが苦労する部分がありました。一般のユーザがそういうことに対して腹が立つように、僕も腹が立っていました。Rubyではそういうことがないようにしたいと考えています。

みんなが「ぎゃー!」という言うことはしません

―――Rubyはこれからも変わっていくのですか?

まつもと:すでに大勢のユーザがいるので、変更前のプログラムが動かなくなるような大きな変更はしないでしょうね。約十年前のRubyが生まれた頃は、大きな変更をしたこともありました。Rubyを使っている10人ぐらいの人が「ぎゃー!」って言ってたのを覚えています(笑)。でも、現在のユーザ規模で同じことをすると、何万人もの人が悲鳴をあげることになってしまうでしょう。大きな変更ができなくなったというのは、少し寂しいです。

―――ほかの言語にチャレンジすることは?

まつもと:Rubyにはやることがたくさん残っていて、自分の興味を引くことも多い。現役でいる間は、それをやるだけで精一杯だと思います。

(次回後編は、森、まつもと両氏の人生をさかのぼり、どのように言語やプログラミングに関わり始めたのかなどを紹介)

 
前のページへ戻る 1 2 3 4

■関連記事

  • 楽天×まつもとゆきひろで世界はどう変わる? 前編

    楽天×まつもとゆきひろで世界はどう変わる? 前編

    前回の楽天技術研究所の森正弥代表インタビューの際、楽天のRubyに関する研究として「fairy」「ROMA」の2つのプロジェクトがあることを紹介した。このプロジェクトの概要が、6月20日から開催される日本Ruby会...


  • 楽天技術研究所 森代表インタビュー

    日本は取り残される!

    楽天技術研究所 森代表インタビュー

    国内最大級のインターネットショッピングモール「楽天市場」やポータルサイト「インフォシーク」、プロ野球チーム「東北楽天イーグルス」など、38にも及ぶ事業分野を持つ楽天(株)。今回は、その「楽天技術研究所...


  • Rubyな楽天の次世代研究

    楽天技術研究所・森代表インタビュー後編

    Rubyな楽天の次世代研究

    前回は、楽天(株)の技術戦略の中核を担うR&D(Research and Development)部門「楽天技術研究所」の森代表に、研究所に入るまでの経緯をお話いただきました。今回は同研究所のフェローであり、Rubyの開発...


  • 楽天×まつもとゆきひろで世界はどう変わる? 後編

    楽天×まつもとゆきひろで世界はどう変わる? 後編

    3回にわたりお送りしてきた楽天技術研究所の森正弥代表とRuby開発者まつもとゆきひろ氏へのインタビューも今回で最終回となる。第一線で活躍するお二人が、どのように言語やプログラミングの世界に入ったのかな...


キャリア連載バックナンバー
キャリア・ピックアップ

記事一覧へ >>

採用を勝ち取る転職必勝マニュアルバナー

おすすめ連載

組み込み系エンジニア特集

今さら聞けないIT英語

エンジニアライフ

資格試験対策

プロマネ・スキル

ビジネススキル

独立起業事例集

キャリア・コーナー紹介