このページの本文へ

BDドライブが独自のアイコンになった

2008年06月27日 11時00分更新

文● 柳谷智宣/アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows XPではBDドライブがDVD-RAM扱いに Vista SP1ではきちんとBDになる
Windows XP環境にBDドライブを接続した画面だが、アイコンではDVD-RAMドライブと認識されているWindows Vista SP1では、BDドライブを認識し、きちんと個別のアイコンが表示される(赤枠内)

この機能はWindows Vista Service Pack 1の全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

 Windows XPやService Pack 1(SP1)未適用のWindows Vistaでは、Blu-rayディスク(BD)ドライブやHD DVDドライブを接続し、ドライバーをインストールしても、エクスプローラなどで表示されるアイコンはDVDドライブと同じだった。

 しかしVista SP1では、BDドライブやHD DVDドライブを、それぞれの大容量光学ドライブと認識し、アイコンとラベルが正常に表示されるようになった。

SP1未適用のVistaにBDドライブを接続すると、DVD-RWドライブとして表示される SP1未適用のVistaにBDドライブを接続すると、DVD-RWドライブとして表示される
HD DVDも専用のアイコンが用意 Vista SP1では、HD DVDも専用のアイコンが用意されている。BD/HD DVDコンボドライブの場合も、HD DVDの識別子を持つためにVistaではHD DVDとして表示される

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン