このページの本文へ

4GBのメモリー表示が正常になった

2008年06月25日 11時00分更新

文● 柳谷智宣/アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows XPのシステムプロパティ Windows Vistaのシステムプロパティ
Windows XPは4GBのメモリーを搭載しても、3GB強の容量しか表示されない(赤枠部分) Windows Vista SP1では、4GBのメモリーを搭載していても正常に表示できる

この機能はWindows Vista Service Pack 1の全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

 32bit OSのWindowsは、4GBまでのメモリーに対応しているとうたっているが、実際に4GB搭載しても全容量を利用することはできない。3.12GB以上の領域をメモリマップドI/O (MMIO)の領域として利用するため、3GB強の容量しか表示しないのだ。これは32bit OSの仕様で、対処法はない。

SP1未適用のVistaでは、XPと同様の表示方式になっている SP1未適用のVistaでは、XPと同様の表示方式になっている

 しかしメモリーの価格が安くなり、4GBのメモリーをパソコンに搭載するユーザーが増えて混乱を招いたため、Windows Vista SP1では、搭載した分のメモリー量を正常に表示するようになっている。とはいえ、あくまで表示上の問題で、実際にVistaのシステムが利用しているのは約3GBで変わらない。

 ちなみに64bit版のVistaなら、この現象は起きない。4GBのメモリーを搭載した場合は4GB全量を利用できる。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART