このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2008レポート ― 第14回

気になったアイテムを総チェック! これで行った気分に!

2008年06月07日 23時56分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回の「COMPUTEX TAIPEI 2008」会場内の各ブースで気になった製品を一気に紹介。
 ダブルスクリーンを採用するDS風ノートPCのコンセプトモデルから、各社のNetbook、iPod対応トイレットペーパーホルダーまで、「COMPUTEX TAIPEI」ならではの製品を総チェックだ。なお参考出品の製品も多く、発売日と価格については特記なき場合すべて未定となっていることを了承願いたい。

「ASUSTek」編

コンセプトノート 「U6V bamboo」
ノートPCのキーボード部分にもDSのようなタッチパネルを採用したデュアルスクリーンPCのコンセプトモデルパームレストや天板に天然素材の竹を採用するノートPC「U6V bamboo」
「Eee Box」 液晶ディスプレイの背面にも
「Eee PC」のデスクトップ版といった「Eee Box」。デスクトップ版とはいえ筐体は小さく、液晶ディスプレイの背面に設置することも可能だ
「Eee Stick」 「UFOTO UF735」
「Eee PC」の発表会でもお披露目された、モーションセンサー内蔵のコントローラー「Eee Stick」デジタルフォトフレーム「UFOTO UF735」。今年は特にデジタルフォトフレームの展示が各社とも多かった
「EAH3850 TRINITY」 背面に2つ
「MXM」モジュールを3つ搭載する「EAH3850 TRINITY」。性能は1つのGPU時に比べ約2.39倍にアップするとのことだ

「Gigabyte」編

「M912」 「M512」
Atomを搭載するNetbook「M912」Atom(800MHz)搭載のCentrino Atom対応MID「M512」。画面の下にスライド式キーボードを装備する
「W576V」 「GK-K8000」
Centrino2対応のノートPC「W576V」ゲーミングキーボード「GK-K8000」。日本でも近日発売予定

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社