このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第56回

猫写真をレタッチしよう―色と明るさ編

2008年06月05日 11時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
作例
【作例】撮ってみた猫の写真。でも思っていたイメージと違うなぁと、苦々しく思うことはないだろうか? そんなときはレタッチでひと手間加えてみよう。

気に入らなかったら、ひと手間加えてみよう


 今回はレタッチの話だ。まあ「シャッターを切った瞬間に写真として完成されてる」のが理想なんだけれども、実際には「思ったより暗く撮れた」「ちょっと構図がイマイチだった」「色がちょっとヘンだった」などなど、後からちょっと修整したいってことは多い。

 実はこの連載で使ってる写真にも、ときどき、トリミングしたモノや色や明るさをちょっと補正したカットが混じってる。

 レタッチの内容や方法はいろいろあって、直すのが困難なものもある。例えば「ピンボケ」や「極端な露出オーバー」、「手ぶれ」や「被写体ぶれ」などだ。でも、上の作例のように、ほんのひと手間で大きく変わるものもある。今回はこの写真を「Photoshop Elements 6.0」で補正してみよう。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART