このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ケータイ業界を知る5人が語った

大胆予想!iPhone採用キャリアはここだ!

2008年06月02日 04時00分更新

文● ゴーズ、アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

多彩な端末の販売実績があるドコモ

村元正剛氏(ITライター)

村元正剛氏写真
村元正剛氏 雑誌・Webにケータイ新機種のレビュー記事を寄稿。毎日新聞(東京版)にケータイの活用法を紹介する「ケータイの知恵」を連載中。著書に『Keitai Hacks[ケータイハック]ケータイをビジネスに活かす89の方法』(アスキー)など。

 日本でのiPhoneのキャリアだが、私はNTTドコモになると予想する。理由は以下の3つ。

1 日本最大のキャリアであること
 2008年4月現在、ドコモのユーザーが約5350万人であるのに対し、ソフトバンクのユーザーは好調に増加しているとはいえ約1880万人。マーケットボリュームとしてドコモが魅力であるのは明白だ。

2 ブランドケータイ販売の実績
 グローバルな市場で発売されるiPhoneは、NTTドコモがM702iSとして発売したモトローラ社のRAZRや、6月1日に発売されたPRADA Phone by LGに共通する部分がある。ブランドイメージを損なわずに販売できることはすでに実証済み。とくにPRADA Phoneは、プラダが中心になって販促プロモーションを展開し、ドコモは裏方に徹する姿勢を見せ、筆者には、あたかもiPhone販売の予行演習をしているかのように思えた。

3 仕様の自由度が高い
 ブラウザとしてSafariを搭載するiPhoneは、ケータイ業界においてはスマートフォンとして扱われることになろう。NTTドコモは、モトローラ社のM1000やRIM社のBlackberryなど、iモード非対応端末をサポートしてきた実績を持つ。ソフトバンクのケータイは、ソフトバンク専用網でネット接続させて、Yahoo!のコンテンツを利用させることにこだわりが見られる。Apple社にとっては、ドコモと組むほうが利が多いと考える。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ